飛んで泊まって~中年チャレンジャー~

2018年にSFC取得をチャレンジする、挑戦記です

米軍横田基地の日米友好祭2018に行ってきたぞー。

チョット修行ネタとはズレてしまいますが、米軍横田基地の日米友好祭に行ってまいりましたので、少し記事にしたいと思います。

9月15日(土)と16日(日)の2日間の開催された、日米友好祭2018。

昨日は天気が良くなかったので、本日16日(日)に行ってきました。米軍の基地に無料で入場できます。

場所は、東京都福生市というところにあります。

JR立川駅からJR青梅線で、牛浜駅という駅で降りたら、市のマスコットでしょうか。「たっけー」さんが出迎えてくれました。

f:id:flyandstay:20180916173147p:plain

横田基地までは、スムーズに歩けると徒歩10分くらいですが、混雑していたので、20分くらいかかりました。正面入り口には、午前中にも関わらず、警察が誘導していました。

f:id:flyandstay:20180916173537p:plain

基地に入る際は、大人は身分を確認されます。免許証などの身分証明書を提示し、入場となります。入るといきなり、バギーに乗った軍人さんが目の前を通過しようとしていました。陽気にピースサインをしてくれましたよ。

f:id:flyandstay:20180916173738p:plain

移動式ミサイルなんかも近くで見ることができました。現物を見るとちょっと恐怖感が湧いてきますね。

f:id:flyandstay:20180916173859p:plain

大きな軍用機です。

f:id:flyandstay:20180916174636p:plain

小さなセスナ機です。

f:id:flyandstay:20180916174942p:plain

戦闘機に搭乗できたようです。長蛇の列なので、私は止めました。

先端にあるのは、30mm砲だ、と小さなマニアっぽい子供が言っていました。

f:id:flyandstay:20180916175132p:plain

F2ですかね。先が尖がっています。機体は大きいのですが、その割に、タイヤが小さいんです。実際見てみないとわからないものですね。

f:id:flyandstay:20180916175351p:plain

こちらは、日本のFですね。日の丸が付いています。

f:id:flyandstay:20180916175619p:plain

操縦席も屋根が横開きだったり、

f:id:flyandstay:20180916175741p:plain

縦開きだったら、用途や性能によって違うのかもしれませんね。

f:id:flyandstay:20180916175740p:plain

これ、カッコよかったっす。

f:id:flyandstay:20180916175918p:plain

米軍機だけでなく、日本の航空自衛隊の飛行機もありました。米国の軍人さんもそうですが、日本の航空自衛隊の方もカッコイイ人ばかりでしたよ。

f:id:flyandstay:20180916180023p:plain

大型の輸送機は中に入ることができました。

f:id:flyandstay:20180916180142p:plain

コックピットを見学する列はは大変長い行列だったので、胴体の中だけ見てきました。

f:id:flyandstay:20180916180355p:plain

中身がこちら。中では、Tシャツやキーホルダーなどを販売していました。

f:id:flyandstay:20180916180513p:plain

こういう座席に座って輸送されるんですね。どんな気分で目的地に向かうのでしょう。

f:id:flyandstay:20180916180605p:plain

こちらは特徴的なデザインですね。グローバルホーク無人航空機です。偵察機なので、武器の搭載はできないようになっています。

f:id:flyandstay:20180916180820p:plain

前から乗る形の輸送機もありました。人の小ささを見てもらえればわかると思いますが、機体がとても大きいんです。

f:id:flyandstay:20180916184549p:plain

軍用のヘリに乗ることも出来ました。脇にいる軍人さんは、パイロットだそうです。

f:id:flyandstay:20180916185913p:plain

セスナ機も展示されていました。これは、VIPの輸送用で利用しているとのことで、コックピットにも入れました。

f:id:flyandstay:20180916184800p:plain

物凄い計器類です。パイロットは一つ一つの機能を覚えるだけでも大変だろうなと思いました。計器類は触ってはタメと言われました。

f:id:flyandstay:20180916184802p:plain

座席はこのような感じで、皮張りで足元ゆっくり目です。手前に向かいあう席(前方に背を向けて座る席)があり、4人で打ち合わせとかができるようになっていました。

f:id:flyandstay:20180916185417p:plain

 今回の目玉でしょうか。オスプレイさんです。人だかりでした。

f:id:flyandstay:20180916185729p:plain

会場には、アメリカンな食事を販売するテントが沢山あり、皆、地面に座って食事をしていました。肉を焼いているBBQコンロから、煙がモクモクと立ち上がっていました。

また、会場内には日本的な場所もありました。

f:id:flyandstay:20180916190153p:plain

 アメリカンなお店がすごく並んでいて、食事にあり付けなかったので、立川まで行き、食事をしました。

ちなみに、牛浜駅は入場規制をするほど大混雑でした。今日の暑さにバテそうでした。

立川駅北口1分の吉野家隣にある、「ひなたかなた」さんという居酒屋で、ランチをしました。 こちらは、鳥の唐揚げ丼が有名らしく、行列ができていました。ここまで来て行列かと思いましたが、お腹が空いていたので、入店しました。

f:id:flyandstay:20180916190647p:plain

こちらが有名な鳥の唐揚げ丼(税込み700円)です。まず、デカ!と思いましたね。子供のこぶし大の唐揚げが、6~7個入っていました。上から。

f:id:flyandstay:20180916190757p:plain

横から。このボリューム。大人一人では食べきれないと思いました。味も美味しい。クリスピー風なカリッとした衣に、美味しい鶏肉です。ソースはマヨネーズかおろしポン酢から選べましたよ。

f:id:flyandstay:20180916190941p:plain

皆さまもぜひ、チャレンジしてみてください。

 もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

世界一安い!ミシュランレストラン 添好運(ティム・ホー・ワン)でお食事

修行の話からは離れてしまいますが、修行ついでに香港などにある「添好運(ティム・ホー・ワン)」に伺う方もいらっしゃると思い参考までに、記事にします。

香港で人気の「世界一安いミシュランレストラン」と称される点心レストランです。
日常的な料金で一流ホテルの味を楽しむ事ができるレストランとして話題を呼び、2010年にはミシュラン1ッ星を獲得、“世界一安いミシュランレストラン”と称され、今では香港を訪れる外国人観光客も詰めかける世界的有名店となっています。

 

日本では、日比谷シャンテ」別館1Fにあります。こちらがドカンと構えていらっしゃるところです。皆さま初めての方や待ち合わせをする方は、ゴジラのいるところと覚えてください。

f:id:flyandstay:20180909202042p:plain

お店の前には行列ができているので、直ぐわかります。この日は、日曜日のランチで伺いました。10時30分に列最後方に並びましたが、何と、2巡目となってしまいました。

f:id:flyandstay:20180909202228p:plain

大変な人気店ですね。列が短いと思っても、開店前になると、次から次へと待ち人と合流するため、想定以上に待ち人数が増えます。正式には、11時開店ですが、この日は、10時45分からお客様を案内していました。お連れの皆様全員が揃っていないと店内には案内してもらえませんので、ご注意を。

店内は、混んでいたため撮れませんでしたが、入り口はこのような感じで、中国風でした。

f:id:flyandstay:20180909202604p:plain

メニューは並んでいる段階で渡されます。それと、オーダー表と鉛筆も。どこかで同じような思いをしたな~と思っていたら、昨年末に伺った台北での鼎泰豊本店も同じスタイルでした。メニューを見ながらメジャーどころをオーダーします。

f:id:flyandstay:20180909202827p:plain

プチ情報を一つ。細かいことを言うようですが、席料(お茶代)がかかります。

メニューの赤枠内をご覧ください。

※別途お会計時に、席料(お茶代含む)10%を頂戴いたします。

と記載されています。

f:id:flyandstay:20180909203021p:plain

今回初めてなので、とりあえず、メジャーどころをオーダーしました。

「ベイクド チャーシューバオ」

f:id:flyandstay:20180909203231p:plain

メロンパンみたいな皮に、甘しょっぱい豚まんの具みたいなのが入っています。

とっても美味しいです。こちら、何とテイクアウトも出来るんです。並ぶのが嫌な方はこちらだけでもお持ち帰りをなさってみるのも良いかもしれません。あまり遠くでなければ手土産にも良いかもしれません。

f:id:flyandstay:20180909203737p:plain

「海老の湯葉春巻き」

カリッカリの湯葉の中にエビさんが入っています。こちらも美味しい。

f:id:flyandstay:20180909204213p:plain

「ミルクフライ」に「大根餅」

ミルクフライは、デザートですね。甘いミルクスティックを揚げてあります。甘さ控えめで美味しい。

大根餅は、これままた、もっちりした食感で、何とも言えないおいしさです。

f:id:flyandstay:20180909204355p:plain

「7種野菜の蒸し餃子」、「海老の蒸し餃子(ハーガオ)」

海老の蒸し餃子はプリップリのエビさんが入っていて美味しかったですよ~。

f:id:flyandstay:20180909204643p:plain

「スペアリブの蒸しごはん」、「蓮の葉ちまき

スペアリブの蒸しごはんは、ごはんがジャポニカ米の2倍くらいの長さはあろう、なが~いお米でした。少しパラパラしていた感じですが、スペアリブの濃いめのタレと良く絡んで、美味しかったです。

蓮の葉ちまきは、もっちりとしたお米で、濃いめの味付けで蒸してあり、中にチャーシューがゴロゴロ入っていて美味しかった~。

f:id:flyandstay:20180909204930p:plain

全て熱々の状態で提供されます。だからおいしさ倍増ですね。

これだけ注文して、トータル7,000円弱でした。ミシュランでこの価格、世界一安いという言葉に間違いはなさそうです。

皆さまも良かったらぜひ伺ってみてください。ミッドタウン日比谷の隣です。

 

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

エアチャイナビジネスクラス クアラルンプールから北京経由 羽田 編 SFC修行2018 第五弾④ 

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年2018年は、SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第五弾の 4記事目で主にエアチャイナビジネスクラス搭乗記で、クアラルンプール国際空港のラウンジ、北京空港のラウンジを中心に書きます。この旅の記事履歴です。

第五弾1回目は、羽田空港シンガポール チャンギ国際空港経由⇒クアラルンプール国際空港をご紹介しました。良かったらこちら、第五弾①の記事です

flyandstay.hatenablog.jp

第五弾2回目は、ブルツリーByヒルトン クアラルンプールのお部屋の紹介が中心でした。恐らくスイートのお部屋の記事です。良かったら、前々回の第五弾②の記事です。

flyandstay.hatenablog.jp

 第五弾3回目は、ブルツリーByヒルトン クアラルンプールのカクテルタイムと朝食の紹介が中心でした。とっても美味しい食事でした。良かったら、前回の第五弾③の記事です。

flyandstay.hatenablog.jp

 前置きが長くなりましたが、今回の記事に入りたいと思います。

目次

クアラルンプール国際空港 ゴールデンラウンジ

②エアチャイナビジネスクラス クアラルンプール国際空港から北京空港搭乗記

③北京空港 エアチャイナラウンジ

④エアチャイナビジネスクラス 北京空港から羽田空港搭乗記

 

クアラルンプール国際空港 ゴールデンラウンジ

ヒルトンのラウンジでゆっくりした後、18時30分くらいに出発しました。一人旅ですので、電車利用。AmpangPark駅からKLSentral駅まで行き、KILA Expressに乗換え、クアラルンプール国際空港まで移動しました。徒歩や乗換も含め1時間ちょっとくらいでした。既にエコノミークラスのチェックインカウンターの前には、沢山の方が並んでいました。

f:id:flyandstay:20180901171744p:plain
f:id:flyandstay:20180901171759p:plain

 ビジネスクラスについては、3組くらい並んでいましたが、直ぐ手続きで来ました。

f:id:flyandstay:20180901172639p:plain

手荷物検査を受け、出国審査に向かいます。

f:id:flyandstay:20180901172805p:plain

スカイトレインに乗って搭乗ゲートまで向かいます。航空会社のモデルが飾ってありました。飛行機好きにはたまりませんね。

f:id:flyandstay:20180908205316p:plain
f:id:flyandstay:20180908205404p:plain

エアチャイナのビジネスクラスですが、ゴールデンラウンジを使うことができました。一応、JGCカード(ワンワールドサファイヤ)とビジネスのチケット両方を提示したら、入室OKでした。

f:id:flyandstay:20180908205459p:plain
f:id:flyandstay:20180908205503p:plain

シャワーを順番待ちで借りている日本人の方もいらっしゃいました。早めに予約したほうがよさそうですね。提供されている食事について、品数は豊富で結構おいしく頂きました。まずチーズ類にフルーツ。赤いスイカがありました。

f:id:flyandstay:20180908205731p:plain
f:id:flyandstay:20180908205747p:plain

ラビオリという食べ物でしたか、パスタのような物です。カレーはグリーンもありで、ライスも変わったライスもありました。

f:id:flyandstay:20180908205824p:plain
f:id:flyandstay:20180908205827p:plain

チキンなど辛い物系と、ミニハンバーガーやクロワッサンサンドなど。

f:id:flyandstay:20180908205954p:plain
f:id:flyandstay:20180908205956p:plain

デザートもしっかりありました。また、麺類は、オーダーすればコックさんがその場で作ってくれます。

f:id:flyandstay:20180908210049p:plain
f:id:flyandstay:20180908210052p:plain

紅茶やソフトドリンクも何種類かありました。

f:id:flyandstay:20180908210246p:plain
f:id:flyandstay:20180908210249p:plain

多くは食べられませんでしたが、麺とフルーツ、炭酸といただきました。麺はさっぱりしていて、南国のくどさが無く、とても美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180908210204p:plain

そして、ラビオリとシュウマイ、オレンジジュースなどを頂きました。

f:id:flyandstay:20180908210442p:plain

つづいて、少し時間があったので、PLAZA Plemium Loungeも訪問してみました。こちらは、プライオリティパスで入ることができました。2Fにあるのですが、お向かいには、KLでは有名なマレーシア料理のチェーン店がありました。ダブルツリーBy ヒルトンクアラルンプールのあるビルにも入っていますよ。

f:id:flyandstay:20180908210524p:plain
f:id:flyandstay:20180908210513p:plain

こちらは大変混雑していました。カウンターでは飲み物を作っていただけます。普通の方は、お酒でしょうが、私はアイスが無いか聞いてみましたが、今日はすべて提供してしまって無いという残念な結果でした。アイス食べたかったな~。

f:id:flyandstay:20180908210800p:plain
f:id:flyandstay:20180908210749p:plain

室内には日本の雑誌も用意されていました。こちらにも麺を作ってくれるコックさんがいらっしゃいました。さすがに、今回はお腹がいっぱいで注文できませんでした。

f:id:flyandstay:20180908210752p:plain
f:id:flyandstay:20180908211149p:plain

焼きそばや、スープ、フレッシュジュース、あと写真は撮りませんでしたが、ソフトドリンク類もありました。

f:id:flyandstay:20180908211252p:plain
f:id:flyandstay:20180908211254p:plain

サラダや、鶏肉なんかもありました。お味はスミマセン、食べてないのでわかりません。ご紹介のみ。

f:id:flyandstay:20180908211357p:plain
f:id:flyandstay:20180908211400p:plain

②エアチャイナビジネスクラス クアラルンプール国際空港から北京空港搭乗記

そうこうしているうちに搭乗時刻となりましたので、機内へLet's Go!ビジネスクラスご搭乗です。やっぱり広いですね。

f:id:flyandstay:20180908211533p:plain

足が十分伸ばせます。腰を深くかけると、私にはモニター下の足置きまで届きません。。。この時のヘッドホンってどっちを使っていいのかわかりません。

f:id:flyandstay:20180908211537p:plain

歯磨きや耳栓などのアメニティーの入ったポーチです。
f:id:flyandstay:20180908212135p:plain

まず、温かい布のおしぼりが提供され、飲みものの希望を聞かれます。お酒が得意でない私は、シャンパンでは無く、オレンジジュースで。いざ北京国際空港に向けて、出発です。テイクオフまでの短い時間ですが、このようなサービスはありがたいですね。

CAさんはとっても親切でした。

 f:id:flyandstay:20180908212235p:plain

フルフラットにして、ぐっすり寝ることができました。朝食のお時間です。お粥メインです。ゆで卵が、しょっぱくて、お粥にはちょうどよい感じでした。

f:id:flyandstay:20180908212332p:plain

沖止めでしたので、機体を間近で撮影することができました。迫力があります。

f:id:flyandstay:20180908213330p:plain

飛行機にバスが横付けされています。VIPと書いてあります。ビジネスクラスの人しか乗りませんでした。

f:id:flyandstay:20180908213346p:plain

室内は綺麗で、結構しっかりした座席でした。

f:id:flyandstay:20180908213439p:plain
f:id:flyandstay:20180908213441p:plain

ターミナルに到着し、国際線乗り継ぎと書いてある看板の通りに進みます。早朝に到着だったので、手続きもあっという間に終わりました。30分くらいで、ラウンジの場所まで着きました。

f:id:flyandstay:20180908213525p:plain

③北京空港 エアチャイナラウンジ

エアチャイナのファーストラウンジです。やはり早朝なので、人が居ません。

f:id:flyandstay:20180908213652p:plain

 飲み物です。紅茶の隣にお茶があるのが、中国らしいですね。青い壺の中にも、乾燥したお茶の葉っぱが入っており、自分でお湯を入れ作ることができます。

f:id:flyandstay:20180908213946p:plain

ケーキ、お菓子、フルーツ類です。

f:id:flyandstay:20180908214118p:plain

シャワールームの紹介です。

f:id:flyandstay:20180908214218p:plain

アメニティー類です。どこのブランドかわかりません。

f:id:flyandstay:20180908214244p:plain

水回りです。ドライヤーもありました。

f:id:flyandstay:20180908214307p:plain

バスタオルと、スリッパ。バスタオルは多めに準備されています。

f:id:flyandstay:20180908214333p:plain

まず、朝食と思って頂きました。この時まだ2月で、沖止めからターミナルまでとても寒かったので、温かい朝食が食べたかったので、ちょうど良かったです。

f:id:flyandstay:20180908214412p:plain

美味しそうなワンタンスープが、無くなると厨房から運ばれてきます、が、直ぐ無くなります。人気がありました。

f:id:flyandstay:20180908214415p:plain

フレンチトーストやら、ソーセージ。

f:id:flyandstay:20180908215456p:plain
f:id:flyandstay:20180908215500p:plain

煮物、オムレツ、ベーコン

f:id:flyandstay:20180908215542p:plain
f:id:flyandstay:20180908215554p:plain

フルーツにお粥です。皆さん、オレンジを沢山いただいていました。日本で冬にミカンを食べるのと一緒ですね。

f:id:flyandstay:20180908215627p:plain
f:id:flyandstay:20180908215632p:plain

お粥も2種類ありました。あんまん、肉まんもありました。

f:id:flyandstay:20180908215810p:plain
f:id:flyandstay:20180908215814p:plain

普通のシューマイに、エビシューマイ。

f:id:flyandstay:20180908215855p:plain

ワンタンにラー油を入れ過ぎてしまいました。このくらい入れてちょうど良い味になりました。

f:id:flyandstay:20180908215918p:plain

赤いお菓子がキットカットのような感じのお菓子で美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180908220108p:plain

④エアチャイナビジネスクラス 北京空港から羽田空港搭乗記

丁度朝日が出るところだったので、空港が朝焼けに染まりました。

f:id:flyandstay:20180908220325p:plain

ラウンジの内部も朝日が入ってきました。

f:id:flyandstay:20180908220353p:plain

ほんと、巨大な壺。桃の木でしょうか。とても素晴らしです。工事中のショップが何件もありましたよ。中国の人、訪れる人の購買力の高さを感じました。

f:id:flyandstay:20180908220429p:plain

各社の飛行機が並んでいます。

f:id:flyandstay:20180908220510p:plain

噴水や池があります。

f:id:flyandstay:20180908220545p:plain
f:id:flyandstay:20180908220549p:plain

古来の建物や池のある庭などもあります。これだけの施設が置ける場所があることを考えるだけでも、大きなターミナルであることが分かると思います。

f:id:flyandstay:20180908220635p:plain
f:id:flyandstay:20180908220638p:plain

北京から羽田もビジネスクラスで、同じ型の飛行機でした。

f:id:flyandstay:20180908220754p:plain

足元広々です。

f:id:flyandstay:20180908220815p:plain

結構空いていました。

f:id:flyandstay:20180908220823p:plain

こちらで提供されるジャスミンティーがとっても美味しいんです。ジャスミンティーのイメージが変わりました。温度も適温で、直ぐに口を付けることができます。

f:id:flyandstay:20180908220850p:plain

北京空港を予定通りに出発しました。北京近郊は広大な敷地に計画的な街が整然と並んでいるような感じです。

f:id:flyandstay:20180908220937p:plain

広大です。地平線が見えました。

f:id:flyandstay:20180908221022p:plain

機内食です。お魚とホタテ、キノコとお肉の炒め物、そばです。スープはインスタントっぽくてそこまで美味しくは無かったです。

f:id:flyandstay:20180908221053p:plain

食事が済むと、デザートとフルーツです。なぜかお新香を残していたら、丁寧に残しておいてくれました。

f:id:flyandstay:20180908221140p:plain

日本に帰ってきてしまいました。嬉しいやらさみしいやらです。

f:id:flyandstay:20180908221244p:plain
f:id:flyandstay:20180908221251p:plain

引き続きよろしくお願いいたします。

実は先日プラチナ会員に昇格しました!

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒルトンダイヤ修行@ダブルツリーByヒルトン クアラルンプール編 カクテルタイム&朝食 SFC修行2018 第五弾③ 

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年2018年は、SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第五弾の 3記事目で主にヒルトンダイヤモンド修行の、「ダブルツリーByヒルトン クアラルンプール」のカクテルタイムと朝食についての記事になります。復路の、クアラルンプールから羽田は、また次の記事に書きます。

前々回は、羽田空港シンガポール チャンギ国際空港経由⇒クアラルンプール国際空港をご紹介しました。良かったらこちら、前々回の第五弾①の記事です。

flyandstay.hatenablog.jp

前回は、ブルツリーByヒルトン クアラルンプールのお部屋の紹介が中心でした。恐らくスイートのお部屋の記事です。良かったら、前回の第五弾②の記事です。

flyandstay.hatenablog.jp

 

目次

ブルツリーByヒルトン クアラルンプール お部屋以外の設備

ブルツリーByヒルトン クアラルンプール カクテルタイムの様子

ブルツリーByヒルトン クアラルンプール 朝食の様子

 

ブルツリーByヒルトン クアラルンプール お部屋以外の設備

受付を通過し、エレベータホールに向かう前、同じフロアに、ラウンジがあります。

AXISというラウンジです。ソファーがあり、ゆっくりできるようになっています。少し照明が落としてあり、薄暗いです。夜はもっと暗くなりますよ。

f:id:flyandstay:20180825212833p:plain
f:id:flyandstay:20180825212852p:plain

待ち合わせにはちょうど良いかもしれません。

エレベーターホールのすぐ隣には、ダブルツリーに宿泊すると、チェックインの際に頂ける美味しいクッキーが販売されています。お礼だけで気軽にもらっていましたけど、チョット庶民には高いかもしれません。気に入ったら、お土産に良いと思います。

f:id:flyandstay:20180825212858p:plain
f:id:flyandstay:20180825212904p:plain

続いて、フィットネスセンターです。4Fだったかな。プールの前にあります。ランニングマシンからは、プールが見渡せます。今回は利用しなかったのですが、このランニングマシーンの奥の扉を開けると、SPAがあります。ジャグジーやサウナがありましたよ。

f:id:flyandstay:20180825213211p:plain

ランニングマシンの反対側には、マシンやダンベル類も数種類ありました。

f:id:flyandstay:20180825213310p:plain

プールです。ビルの谷間にありますが、日は差し込みます。この時、2月だというのに、プールに入れるほど暖かかったです。ジム側から見たプールです。

f:id:flyandstay:20180825213437p:plain

 25mとかギリギリあるくらいでしょうか、泳いだり、日光浴をしてゆったり本を読んだりしている人もいましたよ。

f:id:flyandstay:20180825213727p:plain

プールからは、奥にペトロナスツインタワーを臨むことができます。

f:id:flyandstay:20180825213733p:plain

上の写真の右から見た写真です。司編のような空間になっています。奥では、南国にあるテーブル席があり、飲み物がいただけたりする場所になっています。

f:id:flyandstay:20180825213857p:plain

上の写真の左側に、ドリンクを注文できたり、食事ができるような施設があります。

夜はプールサイドでお酒を頂いたり、食事ができますね。

f:id:flyandstay:20180825214307p:plain

ブルツリーByヒルトン クアラルンプール カクテルタイムの様子

エグゼクティブルームでの、カクテルタイムも利用できました。せっかくなので伺いました。始まったばかりの時間だったのでまだ外は明るかったです。ドリンクは、冷蔵庫では無く、普段はクッキーの置いてあるテーブルの上に出されており、アルコール類もおいてありました。

f:id:flyandstay:20180825214418p:plain

お隣に、カットフルーツのお皿があありました。私の好きなスイカは、今回は黄色でした。赤いスイカより、少しだけ甘味が落ちましたけど、スイカの味でしたね。

まぁ、なんちゃってダイヤモンド会員ですので、贅沢は言えませんね。

f:id:flyandstay:20180825214547p:plain

サンドイッチ類が3種類くらいありました。どれも無くなったら直ぐ補充してくれました。

f:id:flyandstay:20180825214723p:plain

サラダ類です。コーン、ニンジン、トマト、きゅうり、葉物のサラダ。ドレッシングも何種類か用意されていました。

f:id:flyandstay:20180825214805p:plain

サラダの奥には、チーズ、ナッツ、ドライフルーツなどがありました。

f:id:flyandstay:20180825214857p:plain

その奥には、トルティーヤやプレーンの丸パンなどがありました。

f:id:flyandstay:20180825215039p:plain

温かい おつまみとしては、チョット辛めの手羽がありました。

f:id:flyandstay:20180825215234p:plain

熱々の餡まんもありました。どれもこれも美味しいです。

f:id:flyandstay:20180825215312p:plain

とりあえず、オレンジジュースと、メインどころを頂いてみました。

f:id:flyandstay:20180825215439p:plain

夕食の代わりになってしまいました。

f:id:flyandstay:20180825215530p:plain

デザートも常に3種類ありました。

ブルーベリーのパンナコッタ。美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180825215616p:plain

何とかチーズタルト。これまた美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180825215724p:plain

小豆テリーヌケーキ。これも、美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180825215837p:plain

南国のフルーツと、福コーラです。ここに居られるだけで、福を頂いているような気がします。幸せ者です。

f:id:flyandstay:20180825220017p:plain
f:id:flyandstay:20180825220151p:plain

ラウンジで働いている担当者も訓練されていますね。食べ物、飲み物が無くなったら直ぐ補充してくれるし、皿も直ぐ片付けてくれるし、お客様の話し相手にもなってくれるし。訓練と言っても、仕事をしっかりこなした上での、フレンドリーな接客と言いましょうか、洗練されていると感じました。良かったです。

 

ブルツリーByヒルトン クアラルンプール 朝食の様子

まずは、11階にある、Makan Kitchen に伺いました。最初に抱いた感想は”広い”です。種類も豊富でした。そこまで大きなキャパのホテルだとは思っていませんでしたが、以外と宿泊者が多いんだと思います。

f:id:flyandstay:20180830205348p:plain

受付で部屋番後を伝え、入るとおすすめのドリンクが案内されています。そして様々なコーナーに分かれております。

f:id:flyandstay:20180830205439p:plain
f:id:flyandstay:20180830205443p:plain

カレーのコーナーは少し暗くなってしまいました。大きな釜でナンを焼いています。

もちろん卵料理をしてくれるコックさんもいます。

f:id:flyandstay:20180830205521p:plain
f:id:flyandstay:20180830205523p:plain

ではお料理を見ていきましょう。まずはパンコーナーです。甘そうなデニッシュが並んでいます。トーストやバケットもありましたよ。

f:id:flyandstay:20180830205708p:plain
f:id:flyandstay:20180830205713p:plain

ハッシュドポテトにそのまんまポテトフライ。そしてトマト炒めとチーズパスタ。

f:id:flyandstay:20180830205817p:plain
f:id:flyandstay:20180830205820p:plain

パンケーキにチキンソーセージとハムです。

f:id:flyandstay:20180830210051p:plain
f:id:flyandstay:20180830210054p:plain

目玉焼きコーナーに、麺コーナー。玉子焼きは専用の器に入れて焼いていました。麺は、好きな麺、具材、量を自分で決め、器に盛り、コックさんに茹でてもらいます。

f:id:flyandstay:20180830210139p:plain
f:id:flyandstay:20180830210141p:plain

フルーツ沢山、チーズ、ハム、ドライフルーツなどなど。

f:id:flyandstay:20180830210248p:plain
f:id:flyandstay:20180830210251p:plain

サラダに豆トルティーヤなど。

f:id:flyandstay:20180830210344p:plain
f:id:flyandstay:20180830210347p:plain

こちらは先ほどの麺コーナーの麺と具材。種類が沢山あります。

f:id:flyandstay:20180830210430p:plain

フルーツのコンポートと、ヨーグルトです。ドライアイスで涼しさの演出をしてました。

f:id:flyandstay:20180830210623p:plain
f:id:flyandstay:20180830210644p:plain

ドリンク類です。緑色のグァバジュースが特に美味しかったです。熱々の麺と一緒に。

f:id:flyandstay:20180830210627p:plain
f:id:flyandstay:20180830210908p:plain

オムレツが以外とボリュームありました。野菜不足ですが、このような朝食にしました。とっても美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180830210859p:plain
f:id:flyandstay:20180830210904p:plain

続いて、少し時間をおき、朝遅めに、エグゼクティブラウンジに伺ってみました。丁寧な接客を期待し、足が頻繁にラウンジに向きますね。

種類は少ないですが、特段 Makan Kitchen と提供されている食事内容は変わらなかったと思います。玉子料理もオーダーすれば、作ってもらえるようでした。

f:id:flyandstay:20180830211152p:plain
f:id:flyandstay:20180830211323p:plain

シリアルにドライフルーツ、ハムにチーズ類です。

f:id:flyandstay:20180830211202p:plain
f:id:flyandstay:20180830211354p:plain

野菜にフルーツです。

f:id:flyandstay:20180830211440p:plain
f:id:flyandstay:20180830211443p:plain

こんな感じでいただきました。こちらは好きな赤いスイカがありました。

f:id:flyandstay:20180830211506p:plain
f:id:flyandstay:20180830211504p:plain

ラウンジの缶ジュースが置いてあるところに、冷たいものが置いてありました。

特にこれが美味しい、シリアルをヨーグルトと混ぜてあるようなデザートのようなものでした。

f:id:flyandstay:20180830211704p:plain

Makan Kitchen 、Exective Lounge ともにとても美味しくいただくことができました。

このような朝食を頂くと朝から元気が出てきます。ということで、ヒルトン修行の4泊目でした。ダイヤモンド修行にチャレンジ開始した1月からここまでの滞在記録を振り返ってみると以下の通りです。3か月以内に8泊以上すると、なんちゃってダイヤモンド会員を卒業できます。

1月:ヒルトン クアラルンプール1泊

   ダブルツリーbyヒルトン 那覇首里城 1泊、

   ダブルツリーbyヒルトン 那覇 1泊 の3泊。

2月:ブルツリーbyヒルトン クアラルンプール1泊 で計4泊。

 後4泊を3月中に消化できるか、お楽しみに、、、(実は次回のヒルトン福岡はSFC修行第六弾として、間違えてもう紹介済みです。)

次回は、SFC修行2018 第五弾の最後の記事、クアラルンプールの復路(北京経由)の紹介になります、ラウンジなどを中心にご紹介したいと思います。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

ヒルトンダイヤ修行@ダブルツリーByヒルトン クアラルンプール編 ス、スイート? SFC修行2018 第五弾② 

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年2018年は、SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第五弾の 2記事目で主にヒルトンダイヤモンド修行の、「ダブルツリーByヒルトン クアラルンプール」の宿泊記の記事になります。朝食やカクテルタイムについては、また次の記事に書きます。

前回は、羽田空港シンガポール チャンギ国際空港経由⇒クアラルンプール国際空港をご紹介しました。良かったらこちら、前回の第五弾①の記事です。

 

flyandstay.hatenablog.jp

 

目次

クアラルンプール国際空港からバス移動

ブルツリーByヒルトン クアラルンプールのラウンジ

ブルツリーByヒルトン クアラルンプールお部屋

 

クアラルンプール国際空港からバス移動

 今回の修行は、クアラルンプール滞在中に特に観光する予定も立てなかったため、ゆっくりバスで、市内中心部に向かいます。

 ANAクアラルンプール国際空港に到着すると、KILAのサテライト側に到着します。(LCCKILA2みたいですね)。KILAのサテライトからは、モノレールに乗り、KILAのメインターミナルに移動します。

下の看板を見て、右側の下から2段目のBus Stationという方向に向かいます。

f:id:flyandstay:20180821211226p:plain

とことこ矢印に従って歩くと、また案内板とエスカレーターが見えます。到着は3階、1フロア下の2階に降ります。兎にも角にもバスのマークに従い歩きましょう。

f:id:flyandstay:20180821211604p:plain

今度は上を見ているとまた案内板が見えます。ボケてしまいましたが、バスのマークに従い、左に曲がります。

f:id:flyandstay:20180821211756p:plain

またまた上の案内板を見るとバスのマークがありますので従います。今2階ですので、1フロア下の1階に降ります。

f:id:flyandstay:20180821211925p:plain

1階に降りて、Uターンすると、バスのチケットカウンター目に入ります。

皆さん、カウンターの前にいる従業員でしょうか、笑顔で手招きをしてくれます。

私はグリーンの窓口しか使ったことありませんが、このグリーンの窓口でKLセントラル駅まで直通で行くバスのチケットを購入することができます。片道RM10です。

f:id:flyandstay:20180821212048p:plain

 チケットカウンターの右奥には、簡易な(小さい)フードコートがあります。長距離バスの前に腹ごしらえをしている人が結構いました。

f:id:flyandstay:20180821212259p:plain

チケットを買うと、No.1に行くように言われます。1番のバス停に止まっているバスか、バスがいなかったら、チケットブースの近くで待っていたほうが良いかもしれまsね。バスの発着場は外なので、結構暑いです。

f:id:flyandstay:20180821212403p:plain

キャリーバックなど、大きな荷物は、バスの荷物入れ(お腹の部分)に入れるのですが、荷物を自分で入れ、座席に座るので、荷物が盗まれないか心配になります。結局、無事でした。

バスでは、出発前に一人一人自席でチケットを確認されます。カウンターで買ったチケットを提示すると、隅の方を少し破き、確認した証拠として戻してくれました。買ったチケットはすぐに取り出せるように、そして破かないようにしておきましょう。

今回のバスは少しくたびれておりました。しかし、冷房は凄くシッカリ効いています。温度計の付いているバスだったのですが、徐々に室温が下がり、20°Cになりましたよ。ジャケットやフリースなどを持って乗車することをお勧めします!

あと、耳栓も、この時は、バスの運転手がラジオを付け、歌を歌っていました。かつ、乗客も携帯で話したり、と。。。東南アジアの方々はおしゃべりが好きなのかあと思いました。

f:id:flyandstay:20180821212658p:plain

バスはくたびれていましたが、冷房は凄くシッカリ効いています。温度計の付いているバスだったのですが、徐々に室温が下がり、20°Cになりましたよ。寒かったです。ジャケットやフリースなどを持って乗車することをお勧めします。

窓の外の南国の景色を眺めながらのKLセントラル駅まで1時間の乗車になりました。

f:id:flyandstay:20180821213055p:plain
f:id:flyandstay:20180821213059p:plain

 KLセントラル駅では、Nuセントラルというショッピングセンターの1階に着きます。バスが到着したところから、結構前方に進み(3分くらい歩いたかな)、エスカレータで上に上がります。そうするとNuセントラルのショッピングセンターの、下の写真のように警察のいるところあたりに出てこれます。

f:id:flyandstay:20180821214032p:plain

今回、WツリーbyヒルトンKLに宿泊です。KLセントラル駅から最寄りのAmpangParkまでLRT(電車)で向かいます。

券売機で、このような青色のトークンを購入し、改札にある下のようなマークに近づけるとゲートが開きます。

f:id:flyandstay:20180821214730p:plain

 改札を出るときはトークンを、自動販売機の小銭入れのようなところに投入するとゲートが空きます。KJ9という場所がAmpangParkになります。KLCC駅は、一つKLセントラル駅寄りです。

f:id:flyandstay:20180821214930p:plain

ちなみにKLセントラル駅は、KJ15番、KLCC駅はKJ10番です。

f:id:flyandstay:20180821215045p:plain

ちゃんと改札には扉が付いています。安全ですね。ここに、出川さんのそっくりさんがいます。似ていると思うのは、私だけでしょうか。

f:id:flyandstay:20180821215211p:plain

 AmpangPark駅から地上に上がり、歩道を渡ると、日本でも見たことがある、SMBCのロゴの付いたビルの奥に、InterMarkというビルが見えてきます。

f:id:flyandstay:20180822212345p:plain

少し離れてみると、ノッポのビルです。このビルの隣あたりが、WツリーbyヒルトンKLになります。

f:id:flyandstay:20180822212450p:plain

 2Fのフロントの前のオブジェはこんな感じです。奥に見えるのが、フロントです。

f:id:flyandstay:20180822212806p:plain
f:id:flyandstay:20180822212820p:plain

この時はまだ、旧正月だったので、1Fは赤いオブジェが飾ってありました。少し派手で、素敵ですね。

f:id:flyandstay:20180822212931p:plain
f:id:flyandstay:20180822212937p:plain

チョット小腹が空いていたので、ヒルトンの入っているB1階にあるお店で、軽く食事をしました。お安く、美味しく頂きました。

f:id:flyandstay:20180822213052p:plain
f:id:flyandstay:20180822213058p:plain

ブルツリーByヒルトン クアラルンプールラウンジ

ラウンジでチェックインさせていただきます。ラウンジからの景色です。辺りは緑が多いですね。

f:id:flyandstay:20180823204050p:plain
f:id:flyandstay:20180823204047p:plain

部屋の少し奥からドリンクコーナーを見た感じです。

f:id:flyandstay:20180823204243p:plain

ドリンクコーナーから見た部屋の奥です。

f:id:flyandstay:20180823204350p:plain

外にも出られます。喫煙者用ですかね。灰皿もおいてありましたよ。

f:id:flyandstay:20180823204431p:plain

外に出ると、ペトロナスツインタワーも見えます。

f:id:flyandstay:20180823204516p:plain

 パソコンコーナーもありますので、簡単な仕事はできると思います。

f:id:flyandstay:20180823204555p:plain

カウンターもあるので、一人様でも大丈夫です。

f:id:flyandstay:20180823204622p:plain

ドリンクコーナーです。下にはソフトドリンク(缶)が入った冷蔵庫があります。

f:id:flyandstay:20180823204716p:plain

隣にはフルーツが置いてあります。

係の方がいるところが、コーヒーコーナーになります。

f:id:flyandstay:20180823204723p:plain

フルーツの隣には3種類、クッキーが置いてありました。プレーン、コーヒー

あと一つは忘れてしまいました。どれも美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180823204835p:plain

こんな感じでいただきました。私にしては上品に、少量にしました。

f:id:flyandstay:20180823204940p:plain

ブルツリーByヒルトン クアラルンプールお部屋

結構広めのお部屋に案内していただきました。ホテルのHPを見ると、たぶんスイートだと思います(テラス付きではありませんでしたが)。もちろんダイヤモンド会員のおかげで、予約したより、アップグレードしてくれました。こちらはソファーの部屋。

f:id:flyandstay:20180823205116p:plain

ソファーからは、テレビが観れます。反対側にベッドルーム。

f:id:flyandstay:20180823205220p:plain

ベッドルームです。ベッドの隣に一人掛けのソファーもありました。

f:id:flyandstay:20180823205320p:plain

最初のソファーの部屋には、ビジネスデスクが置いてありました。

f:id:flyandstay:20180823205401p:plain

ガッツリ仕事ができそうです。

f:id:flyandstay:20180823205433p:plain

おまけに、簡単な手洗い場もついていました。すばらしい。

f:id:flyandstay:20180823205504p:plain

浴室の紹介です。バスタブ付きです。

f:id:flyandstay:20180823210134p:plain

隣にはシャワーブースもありました。

f:id:flyandstay:20180823210217p:plain

洗面台ですね。髭剃りに使える拡大鏡も付いていました。

f:id:flyandstay:20180823210235p:plain

アメニティーはいつものです。

f:id:flyandstay:20180823210325p:plain

トイレです。

f:id:flyandstay:20180823210405p:plain

ウェルカムフルールです。このお菓子が駄菓子屋さんにあるお菓子みたいで、あまりお勧めはしませんが、昔を懐かしむには、お口にしてみるのも良いかもしれませんよ。

f:id:flyandstay:20180823210454p:plain

少し長くなりましたが、次回は、朝食やカクテルタイムを中心にご紹介させていただこうと思います。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

SFC修行2018 第五弾① クアラルンプール&ヒルトンダイヤモンド修行編

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年2018年は、SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第五弾の 1記事目で主に飛行機関連を記事にしたいと思います。ヒルトンダイヤモンド修行の、「ダブルツリーByヒルトン クアラルンプール」の宿泊は次の記事で書きたいと思います。

目次

羽田空港ANAラウンジ

シンガポール空港乗換え

シンガポール空港ラウンジ

 

羽田空港ANAラウンジ

海外発券の復路分、羽田⇒クアラルンプール プレミアムエコノミーのフライトになります。

土曜の深夜0:30出発の便でしたので、金曜日早めに仕事を切り上げて、帰宅し荷物をピックアップし、羽田に向かいました。羽田空港国際線ターミナルのチェックインカウンターです。いつかはこの掲示板の下で搭乗手続きをしたいと思い、通り過ぎます。。。

f:id:flyandstay:20180814205842p:plain

プレミアムエコノミーのチケットなので、ANAの普通のラウンジに入れました。夕食の代わりとして食事を頂きます。どのような物が提供されているか、見慣れている人も多いかもしれませんが少し紹介しますね。

パンコーナー、手巻き・いなりコーナーです。

f:id:flyandstay:20180814210640p:plain
f:id:flyandstay:20180817203323p:plain

唐揚げにポテト、パスタもありました。

f:id:flyandstay:20180817203448p:plain

ということで、こんな感じになりました。

定番のチキンカレー、サラダに唐揚げ、パスタです。美味しくいただきました。

f:id:flyandstay:20180817203503p:plain
f:id:flyandstay:20180817203625p:plain

麺コーナーにて、豚骨ラーメンをお願いしました。スープにお菓子まで。どれもとても美味しく頂きました。麺は小ぶりでちょうど良い大きさです。ANAのマークが入ったカステラの硬くなったようなお菓子、でも美味しいんです。コーヒー味だったかな。

f:id:flyandstay:20180817203731p:plain
f:id:flyandstay:20180817203739p:plain

お食事の途中で、さっぱりシャワーを浴びました。今回は少し待ちましたが、利用できました。扇風機にだいぶ埃が付いていたのは残念でした。使えず空気がこもりました。

f:id:flyandstay:20180817204329p:plain

アメニティー類です。男女ともに使えるように種類が豊富にありました。

f:id:flyandstay:20180817204334p:plain

シャワーを浴び、ラウンジでホント、ゆっくりして、かつ余裕をもって搭乗口に行きました。やっとシンガポール行きに搭乗です。実は、羽田からクアラルンプールの直行便が無かったので、シンガポール経由になります。

f:id:flyandstay:20180817204759p:plain

B787でした。座席は、前の方が撮れました。シートの写真は暗くてわかりづらいですね。エコノミーとは、シートの厚さが違います。ゆっくりできました。

f:id:flyandstay:20180817204934p:plain
f:id:flyandstay:20180817205338p:plain

機内食です。う~ん、メインが何だったか忘れました。ごはんの上の昆布と柴漬けが美味しかった記憶があります。ひと眠りしました。

f:id:flyandstay:20180817205549p:plain

シンガポール空港乗換え

6時30分くらにシンガポールチャンギ国際空港 ターミナル2に到着しました。広いですね。それに人も多いです。24時間動いているって感じです。

f:id:flyandstay:20180817205710p:plain

まずは、クアラルンプールに乗り継ぐチケットを発券(正確には搭乗ゲートの確認と座席を指定)するために、トランスファーラウンジに向かいます。ラウンジといっても、カウンターです。看板の矢印に従い、探します。

f:id:flyandstay:20180817205824p:plain

この看板が見えたら、奥にあるのが、トランスファーラウンジです。

f:id:flyandstay:20180817205931p:plain

無事にシルクエア―のチケットを発券してもらいました。シンガポール⇒クアラルンプール間はエコノミーです。で、今回初めて乗るシルクエアです。シルクエアは、シンガポール航空の子会社で、私が搭乗した後に、両者の経営統合が発表されました。この時はつゆ知らずでした。

f:id:flyandstay:20180817210034p:plain

チャンギ国際空港は屋内に植物というより、植物園があるような感じです。整備されており、とても綺麗です。オーキッドガーデンというらしいです。

f:id:flyandstay:20180817210413p:plain

上のフロアからみるとこんな感じです。花・植物の配置や池に泳ぐ鯉など、センスが良いと感じるのは私だけでしょうか。

f:id:flyandstay:20180817210420p:plain

シンガポール空港ラウンジ「satsプレミアラウンジ」(ターミナル2 レベル2)

植物園にあるフロア(レベル2)から1フロアエスカレーターで上がり(レベル3)、上の写真が見える位置から振り返ると現れるのは、いつかは入りたいクリスフライヤーゴールドラウンジです。それを横目に、 satsプレミアラウンジというラウンジに伺いました。こちらは、プレミアムエコノミーのチケットで入ることができます。

f:id:flyandstay:20180817210719p:plain

使い勝手が良かったので、小さめの写真で紹介しますね。

座席数は100席以上あるでしょうか。入ってすぐと、中央付近から入り口方面を撮った写真です。

f:id:flyandstay:20180817212242p:plain
f:id:flyandstay:20180817212249p:plain

座席の電源類です。小部屋も用意されていました。

f:id:flyandstay:20180817212444p:plain
f:id:flyandstay:20180817212605p:plain

マッサージチェアもありました。ダイニングは一通りの食事はそろっていましたよ。

f:id:flyandstay:20180817212704p:plain
f:id:flyandstay:20180817212710p:plain

羽田のANAのシャワールームよりは質素になりますが、完備されていました。ドライヤーは、壁に括り付けられていました。

f:id:flyandstay:20180817212828p:plain
f:id:flyandstay:20180817212833p:plain

ソフトドリンク、コーヒー、缶ジュース、缶ビール(アサヒスーパードライTigerビール)がありました。

f:id:flyandstay:20180817213141p:plain
f:id:flyandstay:20180817213147p:plain

ワインやハードリカー類もありましたよ。銘柄は詳しくないので、よく見ていません。ゴメンナサイ。

f:id:flyandstay:20180817213323p:plain

このラウンジでの特徴と思われるものを一つ挙げるとすると、ラクサを自分で作れるというところでしょうか。有名なシェフでしょうか、写真付きです。

f:id:flyandstay:20180817213427p:plain

予めラップされたどんぶりにセットされているラクサの具を、ラーメンを茹でる機械みたいなので、セルフで茹でます。湯を切り、どんぶりに戻します。

f:id:flyandstay:20180817213715p:plain

隣にある、スープを入れ薬味を加え出来上がりです。う~ん、美味しい。本場?の味です。ちょっと汁がこぼれてしまいましたがご愛敬ということで。

f:id:flyandstay:20180817213759p:plain

その他カップラーメンやカットフルーツ、サンドイッチ、ハム、チーズ、サラダなど、軽食類です。

f:id:flyandstay:20180817213902p:plain
f:id:flyandstay:20180817213907p:plain

フレンチトーストや、スイカを頂きました。上の写真、トマトに見えますが、下にあるように、スイカです。どれも甘く美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180817213958p:plain
f:id:flyandstay:20180817214002p:plain

少しくつろぎ、クアラルンプールに向けて出発です。可愛いワンちゃんがお見送りしてくれました。それにしてもセンスの良い植物園、綺麗ですよ。

f:id:flyandstay:20180817214115p:plain
f:id:flyandstay:20180817214134p:plain

お世話になる機体です。お初です。8:30にクアラルンプールに向けて出発です。

f:id:flyandstay:20180817214511p:plain
f:id:flyandstay:20180817214515p:plain

搭乗ゲートの待合室に行くと、一緒の飛行機に搭乗する、団体客が朝食をとっていました。ほのぼのした感じになりました。

f:id:flyandstay:20180817214239p:plain

機内は肌色です。モニターは付いていませんでした。でも、短時間ですので、充分です。機体はB737-800でした。

f:id:flyandstay:20180817214357p:plain
f:id:flyandstay:20180817214353p:plain

1時間足らずで、クアラルンプール国際空港到着です。

f:id:flyandstay:20180817214716p:plain

さあ、修行の往路が終わりました。これからバスで、クアラルンプール市内に向かいます。そこらへんは次の記事で紹介しますね。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ヒルトン福岡シーホーク モーニング&観光 SFC修行2018 第六弾③ 

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第六弾の 3記事目です。ヒルトンダイヤモンド修行4泊目、5泊目の、ヒルトン福岡 朝食ビュッフェ&観光特集として記事にしたいと思います。

目次

①朝食(シエラ)

②朝食(ラウンジ)

③定番 太宰府天満宮

宮地獄(山冠が追加される獄)神社

⑤ランチ

 

今回の往路、前々回の記事で、成田から福岡まで来ました。良かったらこちらもどうぞ。

SFC修行2018 第六弾① 成田-福岡(宿泊)ついでにヒルトンダイヤモンド修行

 

flyandstay.hatenablog.jp

   そして前回は、お部屋やアフタヌーンティーとカクテルタイムを紹介させていただきました。よかったらこちらもどうぞ。

 
flyandstay.hatenablog.jp

 では早速はじめましょう。

 

①朝食(シエラ)

フロントのある階と同じ4Fにあります。ブラッセリー&ラウンジ シエラさんです。

7時半くらいに伺ったら少し行列ができていました。ダイヤモンド会員は優先レーンが用意されていましたのでそちらを利用させて頂きました。入ると係の方に部屋番号をつたえたら、ダイヤモンド会員とわかった様子で、階段で一段低いフロアに案内して頂きました。

案内していただいたフロアはこんな感じでした。会員なら入れるフロアかも。

f:id:flyandstay:20180718210508p:plain

こちらが通されたフロアから見たビュッフェコーナー。結構混んでいました。受付の時はあまり気になりませんでしたが、外国の方が多かったです。特に韓国、中国、台湾の方々ですかね。距離的に近いということもあり、日本を楽しんでくれているのだろうと思いながら、朝食をとりました。

f:id:flyandstay:20180718210516p:plain

あらためて、案内して頂いたフロアです。一応案内板がでています。

f:id:flyandstay:20180718210523p:plain

エッグステーションでオムレツをお願いしました。皆さんはどんな具を選びますか?

私は、ハムとチーズをそれぞれWと言い、2倍入れてもらいます。太りますよね。わかっちゃいるけど止められません。

f:id:flyandstay:20180718210529p:plain

スクランブルエッグやスープも数種類ありました。どれも美味しそうでしたよ。

f:id:flyandstay:20180718210540p:plain

普通のウィンナーにマッシュポテトもあります。その他にも写真に治りきれないくらい沢山ありました。

f:id:flyandstay:20180718210544p:plain

最後は、カフェラテをテイクアウトで頂きました。お洒落なカップと思うのはわたくしだけでしょうか。

f:id:flyandstay:20180718210603p:plain

ちなみに、シエラでの朝食はこんな感じになりました。明太子も美味しかったですよ。なぜかシューマイも美味しかった。

f:id:flyandstay:20180718210607p:plain

こちらも頂きました。お粥に揚げ麩、昨年冬に旅行した台湾風にしてみました。こんな感じで1日目の朝食を済ませました。ホント種類が豊富で、美味しいし、大変満足でした。

f:id:flyandstay:20180718210611p:plain

②朝食(ラウンジ)  写真多めで。

ここからは、2日目の朝食です。せっかくだからラウンジでも朝食を頂こうということになり、エグゼクティブラウンジに行ってみました。当然でしょうが、スペースの都合上、種類はシエラに比べると少ないですが、質が勝りました。(味音痴な私の勝手な判断です。)

スムージーに、スモークチキン。スムージーのストローはおじさん向けではありませんね、一気に吸うとホッペが凹みました。

f:id:flyandstay:20180718210622p:plain

ハム、サラミ、スモークサーモン。サーモンは人気でした。特に女性に。

f:id:flyandstay:20180718210626p:plain

スモークチーズにドライフルーツ3種類。

f:id:flyandstay:20180718210629p:plain

クリームチーズに、丸丸チーズ、ちょっと元気の良いチーズさんがおりましたよ。お皿からジャンプしたようです。

f:id:flyandstay:20180718210633p:plain

フライドポテト。こちらはマッシュポテトは置いていませんでした。

f:id:flyandstay:20180718210655p:plain

サラダの種類も豊富です。

f:id:flyandstay:20180718210658p:plain

フルーツ類も充実していました。食べやすい大きさにカットしてあります。

f:id:flyandstay:20180718210702p:plain

ウィンナー。こちらはバジルか何かが混ざっている、ウィンナーです。

f:id:flyandstay:20180718210706p:plain

天津玉子?卵焼きに餡がかけてありました。美味しかったですよ。

f:id:flyandstay:20180718210709p:plain

シャケ、朝食はこれが無いと始まりませんよね。

f:id:flyandstay:20180718210714p:plain

ペストリー。ちょっと小ぶりでしたが、パン屋さんで購入するなら、1個200円くらいしそうな豪華さでしたよ。お味もとっても美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180718210726p:plain

キムチ、海苔、明太子。シエラにもキムチが有ったので、韓国の訪日客を意識しているんだな〜っておもいました。朝からキムチは遠慮しておきました。

f:id:flyandstay:20180718210730p:plain

梅干しに、卵焼き、ん〜なんだったかな、おでんの具見たいなの、小鉢も沢山提供されていました。

f:id:flyandstay:20180718210733p:plain

お豆腐に、里芋の煮物、かまぼこなど。

f:id:flyandstay:20180718210737p:plain

こちらパンコーナーです。朝から美味しそうなので、迷ってしまいます。

f:id:flyandstay:20180718210743p:plain

和洋折衷と言えば聞こえはいいですが、単なる欲張りです。瓶入りのジャムもありましたよ。

f:id:flyandstay:20180718210747p:plain

10種類くらいはありますでしょうか。ちょっとバランスは良くありませんが、大変美味しく満足できる朝食になりました。次回行くことがあれば、ラウンジかなって思いました。

f:id:flyandstay:20180718210751p:plain

太宰府天満宮

福岡の博多から行ける近場の観光名所としてはいの一番にあがるのではないでしょうか。太宰府市にある天神さま(菅原道真公)を祀った神社です。学問の神さまとして有名ですよね。この日も受験生とその親と思われる光景が多く見受けられました。

f:id:flyandstay:20180718210800p:plain

ちなみに太宰府天満宮に向かう参道に、あの東京オリンピックのメインスタジアムを設計した、隈研吾氏が 設計した店舗になります。何かメインスタジアムのイメージに通づるものがあるような気がするのは私だけでしょうか。内装も素敵でした。是非みなさん行ってみてください。フォトスポットになっていました。

f:id:flyandstay:20180718210804p:plain

あとここの名物は うその餅ですよね。多くのお店で売っていました。一つ買って食べてみましたよ。餡がしっかり入っていて、外パリ、中柔らかでとっても美味しかったです。お上品ではありませんでしたが、食べ歩きしました。

f:id:flyandstay:20180718210829p:plain

宮地嶽神社

ANAさんじゃない航空会社のCMに使われ有名になった光景です。光の道ができるスポットです。福津市というところにあります。空と陸の間は海になっています。こちら年に2月と10月のそれぞれ1週間ほど、夕陽が落ちる時に、光り輝く道ができます。

f:id:flyandstay:20180718210840p:plain

あと大しめ縄でも有名です。重さが3トンにもなります。毎年かけ替えるそうですので、作る方も大変ですね。間近で観るとすごい迫力でした。

f:id:flyandstay:20180718210904p:plain

裏手に七福神社というのがありました。時間はあったので、7つ全てまわってきました。

f:id:flyandstay:20180718210909p:plain

シメはラーメンです。博多豚骨ラーメン一幸舎さんに行きました。博多駅から徒歩で行けますので、便利です。

f:id:flyandstay:20180718210914p:plain

豚骨ラーメンを頂きました。替え玉もお願いしてしまいました。とっても美味しかったです。でも、後で調べたら東京にもありました。今度行ってみようと思います。

f:id:flyandstay:20180718210919p:plain

こんな感じでが終わりました。

 

無事に第 6弾のSFC(福岡)修行、ヒルトンダイヤモンド修行を終えました。

修行第6弾総括です。今回は福岡ですので、PPも1000を切りました。よって、PP単価も良くありません。(累計ポイントは、5弾を書いてからにしますね)
往路:成田ー福岡(エコノミー) 7,240円 850PP PP単価 8.5
復路:福岡―成田(エコノミー) 9,000円 850PP PP単価 8.5

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓