飛んで泊まって~中年チャレンジャー~

2018年にSFC取得をチャレンジする、挑戦記です

どこかでマイルで山口へ②

皆さまお立ち寄り頂きまして有難うございます。今回はSFC修行とは違います。ちょっと山口県までJALさんで旅にでました。前回の記事はこちらです。よろしかったらどうぞお立ち寄りください。 flyandstay.hatenablog.jp

 今回はその旅の第二記です。私は結構温泉が好きで、旅に出たら温泉に行きたくなります。写真多めですが、どうぞお付き合いください。

目次

湯田温泉

②ラーメン W

③山口観光

お土産

山口宇部空港ラウンジ

 

湯田温泉

ローカル線にのり、下関駅から、山陽本線に乗り、1時間以上かかり、新山口駅に到着しました。新山口駅山口線に乗り換え、20分くらいで、その名の通り湯田温泉駅に到着しました。下関⇒新山口湯田温泉と乗換時間も含め、2時間弱かかりました。

湯田温泉駅を降りたら、駅前に大きな白狐さんが居ました。8mもある「ゆう太」君だそうです。 夕日に照らされて一層かわいらしく輝いていました。ちなみに近くに山口大学もあるようです。

f:id:flyandstay:20180430200905p:plain

湯田温泉旅館協同組合のHPによると、
湯田温泉アルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴。
一番の特徴は豊富な湯量、1日になんと2,000トンもの天然温泉が湧き出ている。
湯田温泉はなんと、かの高杉晋作伊藤博文坂本龍馬らが度々訪れ、酒盛りをしていた場所なのです。
ということで、明治維新と関係の深さがうかがえます。

至るところに足湯があり、まだこの時は寒い時期でしたので、私も少し温まろうと思って入りました。しばらくすると、体中がポカポカしてきてホントに温まりました。温泉から足を出すと、赤い靴下をはいているように、温泉に浸かっていた部分がくっきりと赤くなっていました。

観光客から、地元の学生まで、皆さん楽しくお話しながら温まっていました。近くに無料の足湯があるってうらやましい。

f:id:flyandstay:20180430200919p:plain

観光案内所が近くにおあったので、一人での夕食のおすすめを聞きました。おしい和食のお店とラーメン屋さんを教えてもらいました。ちなみに観光案内所の前にも足湯がありました。ここは、飲泉もできるようでした。

f:id:flyandstay:20180430200927p:plain
f:id:flyandstay:20180430200923p:plain

 

②ラーメン W

宿に到着し、温泉でゆっくりした後、18時くらいにお腹が空いたので、近くのラーメン屋さんに行きました。観光案内所でオススメされたラーメン屋さんではありません。「天下一品」です。好き嫌いはあると思いますが、学生時代から通っているラーメンチェーン店の一つです。全国変わらぬお味です。ドロッとしたスープが麺に絡まってきます。美味しくいただきました。

f:id:flyandstay:20180430200934p:plain

宿に帰り、温泉でゆっくりした後、先ほど観光案内所でお勧めして頂いたラーメン屋さんに行きました。20時からオープンという少し遅めのラーメン屋さんです。

その名も、「幻のらーめん亭」です。湯田温泉のメインストリートに面しています。

f:id:flyandstay:20180430200915p:plain

豚骨の臭み、醤油の角を極限まで削ぎ落としたラーメンとのことでした。

f:id:flyandstay:20180430200950p:plain
f:id:flyandstay:20180430200953p:plain

先ほどの天下一品が結構こってりでしたので、こちらであっさりを頼むと、物足りなくなってしまうのではないかと考え、こちらもこってりラーメンにしました。20時過ぎに中年がこってりラーメン、この背油、見事な太りますよね。

f:id:flyandstay:20180430200945p:plain

スープがホントに臭みが無く、細麺に絡み、とっても美味しいラーメンで、直ぐ完食してしまいました。

宿に戻り、3度目の温泉を頂き、体を温めてぐっすり眠りました。

ホテルはごくごく普通のビジネスホテルでしたので、割愛しますね。ただ、源泉かけ流しのお宿にしました。温泉にはこだわりたかったので。

 翌朝、朝食をガッツリ頂きました。昨晩ラーメンを2杯も食べたのに、朝からごはんを2杯も食べてしまいました。スタンダードな和食でしたが、お米もお魚も美味しかったです。もちろん朝から湯田温泉、満喫しました。

f:id:flyandstay:20180430201002p:plain

 

③山口観光

 この日は一日観光です。夜まで時間があります。近くの観光スポットを探したら、国宝「瑠璃光寺五重塔」があるとのことで、行くことにしました。

バスで、湯田温泉から県庁前まで行き、県庁を見学し、徒歩10分くらいで着きました。

f:id:flyandstay:20180430201018p:plain
f:id:flyandstay:20180430201019p:plain

庭園も素晴らしいし、五重の塔は近くから見上げてみるととても大きく立派に感じました。この時期は観光客もまばらでしたが、梅や桜の時期には素晴らしく綺麗になるんだろうなと思います。

f:id:flyandstay:20180430201020p:plain

瑠璃光寺を散策した後は、県庁を通りすぎ、山口県立の博物館の前にさしかかると、立派なSLが停まっていました。今にも動き出しそうなくらい綺麗でした。

f:id:flyandstay:20180430201032p:plain

博物館と県立美術館の間に亀山公園というところがあり、その山頂に、仙台の武勇ではないですよ、毛利敬親公の像がありました。実質的に最後の長州藩主のようですが、幕末の話題で彼の名が出てくることはほとんどありませんね。私も存じ上げませんでした。失礼しました。

f:id:flyandstay:20180430201030p:plain

山頂を下り、少し歩くと、山口ザビエル記念聖堂がありました。この場所で活躍されていたのかと思うと、感慨深いものがあります。

f:id:flyandstay:20180430201035p:plain

ザビエル像です。たくましい顎鬚をたくわえています。隣に鐘があったので、中心の棒?というのでしょうか、結構重たかったのですが、思いっきり振ったら、鐘にあたり、耳をつんざくような大きな音がして、その場から走って離れました。皆さん、鐘を鳴らすときは他の人にやってもらい、自分は少し離れていたほうが良いですよ。ホント大きな音が響き、驚きました。

f:id:flyandstay:20180430201045p:plain
f:id:flyandstay:20180430201047p:plain

 

④お土産

ぶらり散歩をしながら、街を歩いていると、買いたい衝動に駆られる看板が目に飛び込んできました。「日本の食パン、名品10本。」に選ばれました。とあります。

高級「生」食パンの「乃がみ」さんというパン屋さんです。

しばらく店の様子を見ていると、次から次へとお客様がやってきます。

f:id:flyandstay:20180430201051p:plain
f:id:flyandstay:20180430201049p:plain

1本お土産に買って帰りました。次の日に食べましたが、しっとりしていて、とっても、美味しくいただきました。ちなみに1本(2斤)864円でした。

全国的に店舗もあり、通販や全国のデパートでも販売しているようですね。今度近くで見かけたらまた購入したいと思います。てっきりご当地ものだと思っていました。

 

山口宇部空港ラウンジ

黄色いローカル線に乗り、山口駅から、山口宇部空港の最寄り駅、草江駅まで行きました。山口駅からバスでも行けましたが、時間もあり、安かったので、電車にしました

1時間30分以上かかりましたけど、のどかな風景を楽しみながらのローカル線の旅でした。

f:id:flyandstay:20180430201212p:plain
f:id:flyandstay:20180430201214p:plain

草江駅は、無人駅です。少し駅前というか駅の周りは寂しいです。

空港まで、徒歩10分くらいでした。少し南国っぽい雰囲気の空港です。

f:id:flyandstay:20180430201216p:plain

カードラウンジに入りました。「きらら」というラウンジです。

f:id:flyandstay:20180430201221p:plain

木材が多用されており、和の感じがする心地よいラウンジでした。ソファーや、PCが備わったデスクもありましたよ。

f:id:flyandstay:20180430201222p:plain
f:id:flyandstay:20180430201225p:plain

実は、飲み物が良いんです。このラウンジ。みかんジュース、柚子ジュース。みかんジュースに至っては、色から違いますよね、もちろん味も違いました。とても美味しかったです。ちょっと飲み過ぎてしまいました

f:id:flyandstay:20180430201219p:plain
f:id:flyandstay:20180430201217p:plain

 大変満足した1泊2日の、どこかでマイルの旅でした。6000マイルで4か所の中からどこかに行けるお得な旅、またいつかどこかに行きたいと思いました。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

どこかにマイルで山口へ① 唐戸市場

 

皆さまお立ち寄り頂きまして有難うございます。今回はSFC修行とは違います。ちょっと山口県までJALさんで旅にでました。

目次

①どこかにマイル

羽田空港JAL国内線ラウンジ

山口宇部空港

④唐戸市場

 

①どこかにマイル

今回の旅のきっかけは、2017年の年の瀬も押し迫った12/31に、JALのマイルの有効期限が切れるということで、慌ててJALの「どこかにマイル」を申し込んだということです。どこかにマイルって、「何処かに参りましょう」ってことと「マイル」をかけてるのですかね。6,000マイルで "抽選で” 国内 ”往復” 航空券が発券でききる超お得なサービスなのです。スロットみたいな間隔で、4か所の候補地がランダム表示されます。4候補とも全て行きたい場所になることは珍しいと思いますが、再度候補地を提示してもらうことも可能です。(1日の候補地表示回数に制限はあるようですが。)

で、今回私の抽選前は、以下の4候補でした。3か所は行ってみたい場所でしたので、こちらで申し込みをすることにしました。特に宮古が出てきてくれましたので、期待していました。

f:id:flyandstay:20180421172235p:plain

 

 結果は、お題にもあるように、右下の山口でした。

2018年4月現在は、羽田以外に、大阪(伊丹・関空)からの発着も選べるようになっていますね。

まずは、羽田空港の特定のクレジットカードで入れる「POWER LOUNGE NORTH」に行きました。

こちらは、主にJALが利用する第一旅客ターミナル2F、保安検査後、16番ゲート付近ににあります。

f:id:flyandstay:20180421174039p:plain

カードを保有していなくても、1080円(大人)利用できます。

f:id:flyandstay:20180421172631p:plain

綺麗な、ラウンジです。150席と容量も大きいです。天井は配管がむき出しです。監視カメラなんてものも付いていますね。何を監視しているのでしょう。

f:id:flyandstay:20180421172808p:plain

ゆっくりしながら飛行機が目の前に見えます。

f:id:flyandstay:20180421173137p:plain

朝食を食べてこなかったので、クロワッサンとカフェラテを頂きました。トマトジュースやオレンジジュース、アイスコヒーもありました。

f:id:flyandstay:20180421173533p:plain
f:id:flyandstay:20180421202156p:plain

そしてラウンジをはしごしてみました。私はJGCの”平”会員です。。。

JALダイヤモンドラウンジには入れませんので、サクララウンジにお邪魔してみました。

f:id:flyandstay:20180421200934p:plain

こちらも結構広めです。第一旅客ターミナル北ウィングのほうにお邪魔しました。

保安検査場が2階で、こちらのラウンジは3階です。

 JALのカード会員ではなくても、事前の予約が必要ですが、3000円で入ることができます。あと、お上品なお子様が多いのでしょうか、こどもラウンジというのがありましたよ。写真撮り忘れました。f:id:flyandstay:20180421201524p:plain

390席もあります。広いですよね。

f:id:flyandstay:20180421201626p:plain

重厚なソファーや、個室となっているブースもありました。

f:id:flyandstay:20180421201759p:plain
f:id:flyandstay:20180421201747p:plain

 

暗い個室やマッサージチェアーも自由に使えます。

f:id:flyandstay:20180421201932p:plain
f:id:flyandstay:20180421201938p:plain

コーヒーマシーンにジューススタンド、ビールサーバーもありますよ。

ビールは、モルツ、一番搾りスーパードライが並んでました。

f:id:flyandstay:20180421202147p:plain
f:id:flyandstay:20180421202356p:plain

朝ビールも良いですね。でも私は弱いので、ジュースにしました。

朝焼けに染まる富士山に飛行機です。自己満足ですが、良い絵が撮れました。

f:id:flyandstay:20180421202941p:plain

実は、マッサージチェアでゆっくりしていたら、出発15分前になっていました。ボーディングタイムが始まっている時間になっていたのです!

朝からダッシュで飛行機に駆け込みました。。。

機内です。シックな色使いですね。なんとなく好きです。機材は、737-800でした。すでにこの時点で、WiFiは提供されていましたが、うまく接続できませんでした。

f:id:flyandstay:20180421203201p:plain
f:id:flyandstay:20180421203206p:plain

1月に行ったので、山に雪がかぶっています。空気も澄んでいて、雄大な景色が眼下に広がります。綺麗ですね。

f:id:flyandstay:20180421203400p:plain

JALの機内で提供されるJALのオリジナルドリンクのスカイタイムを頂いて、そうこうしているうちに、山口宇部空港に到着しました。実は、ANAに乗っても「スカイタイムください」と言ってしまったことが何度かあります。

山口宇部空港ターンテーブルがご当地仕様の秋芳洞でした。そして、出口を出たら、名物のフグが出迎えてくれました。荒波に乗ったずいぶん愛らしいフグですね。

f:id:flyandstay:20180421203623p:plain
f:id:flyandstay:20180421203629p:plain

9時30分くらいに空港に到着し、特にどうしても行きたいという場所は無かったので、(秋芳洞錦帯橋は既に伺ったことがあるため)まずは唐戸市場で美味しいお寿司でも食べようと思い、下関に向かいました。電車で行くには乗換が大変そうだったので、下関へは、バスで行きました。JALの到着に合わせて出発でしょうか、10時少し前の出発でした。〈運賃〉山口宇部空港下関駅 1,460円です。

 下関までは、約1時間半くらいでしょうか。下関に近づき、関門海峡が見えてきたところにある、壇之浦砲台跡に長州砲レプリカがありました。奥に写っているのが、関門海峡にかかる関門大橋です。

f:id:flyandstay:20180421210024p:plain

この脇には、源義経平知盛の像が向き合うように建てられていました、とても勇敢な姿でした。

下関駅に到着する前の、唐戸市場近くでバスが停まったので、そこで降りました。

f:id:flyandstay:20180421210307p:plain

ぶらぶら景色を眺めながら、唐戸市場に向かいます。ヤシの木がちょっと南国っぽいですね。

f:id:flyandstay:20180421210438p:plain
f:id:flyandstay:20180421210446p:plain

ここでもフグさんが出迎えてくれました。さあ、美味しいものがたべれるかな。

f:id:flyandstay:20180421210454p:plain
f:id:flyandstay:20180421210501p:plain

大きないけすや、直売所が並んでいました。直売所というより屋台が沢山出店していました。とても活気がありました。特に呼び込み合戦が。

それはそれは、新鮮そうなお寿司や魚介類がお安く並んでいました。ハマグリもサザエも大盛、海鮮丼もワンコインからって魅力的ですよね。具もたっぷり盛られています。

f:id:flyandstay:20180421211031p:plain
f:id:flyandstay:20180421211033p:plain

こちらは、寿司バイキングです。黒いジャンパーを着た店員さんが白いトレーとトングを持っていますよね。白いトレーに好きなお寿司を取って会計をするシステムです。会計した後は、近くに座れる場所があり、勝手に座って食べます。この呼び込みが激しいです。 ホント新鮮そうなお寿司が1勘100円から300円くらいでした。ネタも大きく美味しそうでしたが、好きなものを選んだらすぐ2000円とか超えてしまいそうでしたので、止めときました。

f:id:flyandstay:20180421211245p:plain
f:id:flyandstay:20180421211242p:plain

 今回は、市場の2Fに回転寿司屋さんがあったので、そちらに伺いました。

からと市場寿司さんというお店です。こちらの握りもお安くいただけました。

参考にメニューを載せておきます。

f:id:flyandstay:20180421212303p:plain
f:id:flyandstay:20180421212305p:plain

いかにハマチ、サーモンに甘えび、あと何を頼んだか忘れてしまいました。どれもとても美味しく頂きました。

f:id:flyandstay:20180421212626p:plain
f:id:flyandstay:20180421212634p:plain

 実はその他にも食べたいものがあったので、1Fに降りて出店で注文しました。

左は、フグのお味噌汁。赤味噌でなく白みそ。高いといっても500円くらいのフグのお味噌汁は小さなフグが1匹入っていましたが、こちらはリーズナブルなお味噌汁。250円で具は身がほぐしてありました。いいい感じでお出汁がでてます。右は、フグのフライ。唐揚げとは違い、高級な白身魚と表現したらよいのでしょうか。たんぱくな味で、タルタルソースでいただきましたが、塩で食べても美味しいかなと思いました。 どちらも美味しくいただきました。

f:id:flyandstay:20180421212835p:plain
f:id:flyandstay:20180421212838p:plain

串焼きも食べたくなり、迷いに迷いましたが、「赤にし貝」という関東ではお目にかかったことが無い串焼きに挑戦しました。お店のかたからは、サザエに似ている味だよと言われました。実際食べてみると、味も硬さもサザエでした。美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180427191151p:plain
f:id:flyandstay:20180427191147p:plain

そんなこんなの食べ歩き三昧の唐戸市場でした。

唐戸市場から下関駅とは反対方向に徒歩で行ける場所にある「亀山八幡宮」というところに行ってきました。世界一のふくの像、「フグ」では無く「ふく」ですよ。実際の写真がこちら、ふくの像と書いてある矢印の右上に像があります。こちらも荒波に乗っていますね。”福”の縁起担ぎでお参りに行きました。

f:id:flyandstay:20180427210900p:plain
f:id:flyandstay:20180427211024p:plain

境内の前の庭からは海が臨めます。当日は曇っていましたが、晴れたらもっと綺麗な景色なんでしょうね。

f:id:flyandstay:20180427211018p:plain
f:id:flyandstay:20180427211022p:plain

亀山八幡宮の隣には、赤間神社という神社がありました。

f:id:flyandstay:20180427210937p:plain
f:id:flyandstay:20180427211028p:plain

結構広い神社です。遠くからも、赤と白の色合いの建物が目立ちます。

f:id:flyandstay:20180427211031p:plain
f:id:flyandstay:20180427211952p:plain

チョット韓国っぽいですね。ドラマにでてくるような神社ですね。大きな門の奥に本殿があります。

f:id:flyandstay:20180427211956p:plain
f:id:flyandstay:20180427211957p:plain

綺麗な境内です。一瞬、色合いから、広島にある厳島神社を思い出しました。境内に張ってある水もエメラルドグリーン色で、白、赤、緑と絶妙なコントラストでした。

f:id:flyandstay:20180427212000p:plain
f:id:flyandstay:20180427212005p:plain

お参りした後は、唐戸市場から下関方面にほんの少し歩いたところにある、古風な洋館を遠目に見ました。重厚な造りだなって感じました。現代のビルに埋もれて少し寂しそうですが、歴史を感じました。このあとバスに乗り、下関駅に向かいました。

f:id:flyandstay:20180427212241p:plain
f:id:flyandstay:20180427212238p:plain

 時間もあり、ご当地物を探しに下関駅付近を探検しました。駅ビルに保育センターがあったり、便利な街だと思いました。そして駅ビル?シーモール下関の地下1階にある「かめや」というお店がありました。たこ焼きと焼きそばそして、それらをミックスしたこそば焼きというのがありました。結構行列をしてテイクアウトしていく人が多かったです。私もテイクアウトしたかったのですが、これから電車に乗るため匂いが気になるかなと思って止めました。食べたかったですけど、残念。

f:id:flyandstay:20180427212324p:plain

レトロな電車です。ある意味頑丈そうです。電車内には暖房装置もありましたドーンと車両の前方に座席の無い空間があり、ストーブでしょうか、暖房装置がありました。

f:id:flyandstay:20180427212343p:plain
f:id:flyandstay:20180427212346p:plain

寒いのでしょうか、扉の開け閉めは寒冷地仕様ですね。関東でも、埼玉方面の電車では見られますよね。はじめは気付かず、扉が開かないな~って、待っていました。

f:id:flyandstay:20180427212351p:plain
f:id:flyandstay:20180427212357p:plain

これから今夜の宿泊場所に向かいます。たっぷり1時間以上の電車の旅ですが、ゆっくり本を読む時間が取れそうです。続きは次回で紹介します。

今日も有難うございました。皆さま良いGWをお過ごしください。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブロンズステータスになれました

皆さまお立ち寄り頂きまして有難うございます。今回は短めに。

ブログでは修行の第二弾を書き終えたところですが、4月初旬にあるカードが届きました。そしてANAのマイページの画面にも変化が現れました。

とうとうブロンズステータス獲得です。まだ、プラチナステータスまでの予約はできていませんが、何とか達成し、SFCの仲間入りを果たしたいです。

費用もすべて持ち出し(スカイコインからではなく)実施しているので、もうお小遣いも大幅マイナスです。ヒルトンとW修行のため、楽しんだ分お財布が軽くなりますが、思い出は増えますね。

f:id:flyandstay:20180421141000p:plain

左脇のカードがブロンズに代わりました。

f:id:flyandstay:20180421141042p:plain

 

 スマホの画面も、ブロンズに変わりました。

f:id:flyandstay:20180421142554p:plain

4月2日にはスマホアプリの画面の色が変わりました。

f:id:flyandstay:20180421143157p:plain

ブロンズサービスデスクにお電話し、すでに予約してある今後の予約に関して、事前サービスの申し込みをしました。

そうしたら、座席予約の画面で、表示される座席が断然増えました。

通常会員とステータスのある会員の差をハッキリ感じた瞬間でした。

もし、今の時期に新たにブロンズに達成されていましたら、

「プレミアムメンバー事前サービス」を受けられたほうが良いと思います。

修行終了の目途は立っておりませんが頑張ります。

 

余談ですが、私にも、SPGアメックス様より、重要なお知らせということで封書を頂きました。プログラム変更により、特典が8月から変更されるようです。

私にとって、マリオットプラチナチャレンジは、お財布がさみしいので、難しいですね。残念ですが、、、。

 もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

SFC修行2018 第二弾 静岡-沖縄② ついでにヒルトンダイヤモンド修行 ダブルツリーバイヒルトン那覇首里編

 

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第二弾2記事目です。ヒルトンダイヤモンド修行2泊目の、ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城宿泊について皆さまの参考になればと思いレポートします。前回の記事では、ホテル名に首里城をつけ忘れました。

目次

①ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城

②お散歩(首里城など)

③朝食

④やむちん通り

 

①ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城

 ヒルトンダイヤモンド修行2泊目です。1泊目はヒルトンクアラルンプールでした。こちらの記事をよろしかったら読んでみてください。

 

flyandstay.hatenablog.jp

 今回は、国内になります。那覇には繁華街に近いダブルツリーバイヒルトン那覇と、首里城に近いダブルツリーバイヒルトン那覇首里城とダブルツリーブランドが2つあります。旧ホテル日航那覇グランドキャッスルだそうです。どっかーんと建っています。

f:id:flyandstay:20180314204323p:plain

ホテル入り口のダブルツリーの看板です。

f:id:flyandstay:20180314204335p:plain

ロビーにはシーサーがどっしり構えています。 

f:id:flyandstay:20180314204350p:plain

夕方は牧志駅からホテル間でシャトルバスが運行されていて、交通の便は良いです。

ホテル発 - 17:00/ 18:00/ 19:00/ 20:00/ 21:00
牧志駅前発 - 17:30/ 18:30/ 19:30/ 20:30/ 21:30/ 22:15

日中だと、ゆいレールの終点首里駅の一つ手前の儀保駅から歩くと15分くらいみたいです。下は牧志駅のシーサーです。

f:id:flyandstay:20180314204402p:plain

ホテルの部屋です。今回は、ダイヤモンド特典で、予約したツインルームから、1段階アップのツインプレミアムルーム(15F)にアップグレードしていただきました。

f:id:flyandstay:20180314204414p:plain

洗面台は至って普通です。

f:id:flyandstay:20180314204430p:plain

アメニティ―もいつもと変わらず

f:id:flyandstay:20180314204502p:plain

お風呂にシャワーが付いています。

f:id:flyandstay:20180314204513p:plain

シングルベッドです。枕は2つでした。

f:id:flyandstay:20180314204702p:plain

テーブルの上には無料のミネラルウォーターとウェルカムギフトがおいてありました。

f:id:flyandstay:20180314204714p:plain

ウェルカムギフトは首里はちみつです。こちらでは有名なんでしょうか。60年以上の

 老舗のようです。

f:id:flyandstay:20180314204724p:plain

古き良き琉球時代の花のはちみつなのかな、実はまだ食べていません。

f:id:flyandstay:20180314204736p:plain

ブルツリーでは、ラウンジが無いため、最上階にあるバーでフリードリンクを1杯いただけます。 ドリンクメニューを渡され、好きなものを注文できるそうです。

f:id:flyandstay:20180314204838p:plain

お任せでお願いしたら、ブルースカイというノンアルコールカクテルを作っていただきました。修行僧がバレていたのか?いいネーミングですね。落ち着いた雰囲気のバーでした。写真では色は良くわかりませんが、青でした。

f:id:flyandstay:20180314204853p:plain

お部屋では照明が天井に南国風の模様を作っており、おしゃれな演出でした。

f:id:flyandstay:20180314211715p:plain

朝8時ころから首里城までお散歩をしました。ホテルから階段を上り、首里高校の前にあるお寺です。安國禪寺というところです。中国とか沖縄っぽい門構えなので、チョット中に入ってみました。

f:id:flyandstay:20180314211729p:plain

駐車場は結構広いです。瓦も沖縄らしい茶色と白ですね。

f:id:flyandstay:20180314211741p:plain

ちょっと首里城に向かうと、玉陵(たまうどぅん)というお墓ですかね。まだ早い時間だったため入れませんでしたので、看板を撮ってきました。こちらは、2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されています。今度行った時は見学していみたいです。

f:id:flyandstay:20180314211751p:plain

首里城の総合案内所を過ぎ、守礼門です。赤い門が特徴的ですね。実は、この門、2000年の記念紙幣2,000円札の絵柄にもなっているんです。2000円札って知ってる方は少ないかもしれませんね。今は刷られていないようです。門に掲げられている文字は、「守礼之邦(しゅれいのくに)」と書かれています。「琉球は礼節を重んずる国である」という意味だそうです。確かに、沖縄の方はいつもニコニコ挨拶してくれますね。

f:id:flyandstay:20180314211802p:plain

こちらも先ほどの玉陵と同じ「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されていますね。この日は雨降りだったため、ホテルで傘を借りて散歩してました。

f:id:flyandstay:20180314211816p:plain

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)です。先の玉陵(たまうどぅん)と言い、難しい発音ですね。琉球石灰岩で造られた建造物で、国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所で、形は門になっているが人が通る門ではなく、いわば神への「礼拝の門」ともいうべき場所なのだそうです。

f:id:flyandstay:20180314211827p:plain

歓会門(かんかいもん)。2重の外壁の外側の外壁で、名前からも歓んで迎える門という意味ですね。見えずらいですが、シーサーが出迎えてくれます。

f:id:flyandstay:20180314212134p:plain

進むと内側の壁が見えてきました。

f:id:flyandstay:20180314212146p:plain

先の門の右側にあります。龍樋(りゅうひ)というところです。この水は王宮の飲料水として使われていたといいますから、綺麗な水なんでしょうね。龍の彫刻は500年も前に中国から贈られたものだそうです。

f:id:flyandstay:20180314212157p:plain

広福門(こうふくもん)です。如何にも幸せを運んできてくれそうな名前ですね。門の前は城内でも眺めの良いところらしいですね。

f:id:flyandstay:20180314212209p:plain

テントの奥が下之御庭(しちゃぬうなー)です。首里城正殿のある「御庭(うなー)」へ入る前の広場にあります。テントが沖縄らしいですよね。朝だったので、正殿にはまだ入れませんでした。

f:id:flyandstay:20180314212227p:plain

西のアザナ(いりのあざな)に入るところかな、ちょっと位置関係を覚えていません。

f:id:flyandstay:20180314212243p:plain

 ここは高台になっていて、那覇の市内が見えました。晴れていれば海も見えていたと思います。

f:id:flyandstay:20180314212258p:plain

可愛い小鳥さんが居ました。こんなに近くで写真を撮っても逃げませんでした。

f:id:flyandstay:20180314212313p:plain

ダイヤモンド会員特典でしょうか、良く聞いていませんでした。バイキング以外に朝食が選べました。どれにしようか迷っていると、天使のささやきが、「すべてお選びいただいても大丈夫ですよ」??嬉しいですね。ちょっとお酢が苦手なので、上から順番に、ポタージュスープ、スモークサーモン、ポークランチョンミートのグリル、グァバ茶とオムレツをお願いしました。

f:id:flyandstay:20180414173837p:plain

 バイキングでお目にかかる食事はたいていそろっています。玉子料理に、小さめのポテトコロッケ。

f:id:flyandstay:20180414220303p:plain
f:id:flyandstay:20180414220257p:plain

アジ、サバ、シューマイ、ベーコンにウィンナーです。

f:id:flyandstay:20180414220448p:plain
f:id:flyandstay:20180414220441p:plain

 パン、デニッシュもいろんな種類がありました。ピンクのパンは紅芋だったと思います。窓際の席に通してもらい、街の景色を眺めながら朝食を頂きました。

f:id:flyandstay:20180414220518p:plain
f:id:flyandstay:20180414220523p:plain

ソーキそばはセルフで作れます。ボソッとしたそばが病みつきになりますね。右の写真は、メンバー用メニューでお願いした、お食事です。とても美味しかったですよ。

f:id:flyandstay:20180414220609p:plain
f:id:flyandstay:20180414220557p:plain

ヨーグルトは、黒糖をかけてみました。フルーツも南国らしいです。味つけごはん、こちらでは何て言うんでしょう。もちろんゴーヤや、ニンジンの炒め物、魚のすり身の揚げ物もいただきました。沖縄らしい朝食になりました。

f:id:flyandstay:20180414220744p:plain
f:id:flyandstay:20180414220737p:plain

フロント脇にはかわいい盆栽がありました。 

f:id:flyandstay:20180415162329p:plain

朝から散歩をし、美味しい朝食を頂きました。滞在中はとても気配りのできるマネージャーさんが常に気を遣ってくれました。ホスピタリティがあり、とても嬉しかったです。帰りはお土産を買いにやむちん通りに来ました。ホテルからタクシーで900円です。いわゆる焼き物通りみたいな感じです。牧志駅から国際通りとは反対方向にあります。石畳で風情があります。

f:id:flyandstay:20180415162418p:plain
f:id:flyandstay:20180415162412p:plain

お土産物屋さんで、シーサーを購入しました。青と赤があり、赤が2度焼きをしているのでお勧めですよ。特にこちらの、窯元のシーサーは人気がありますよという商売上手な店主の勧めで赤のシーサー買いました。写真のよりは一回?二回りくらい小さいのですが、結構重たいですね。玄関に飾ります。

f:id:flyandstay:20180415162805p:plain

牧志駅からはゆいレールに乗り那覇空港に行きました。カードで入れる、1Fにあるラウンジ華で一休みしました。結構混んでいましたよ。この中に何人の修行者がいるのでしょうか。

f:id:flyandstay:20180415163030p:plain
f:id:flyandstay:20180415163022p:plain

ジュース、コーヒー簡単なナッツ類がありました。グァバジュースが美味しく何度かお代わりさせて頂きました。

f:id:flyandstay:20180415163240p:plain
f:id:flyandstay:20180415163234p:plain

2Fでは手荷物を預ける人が長蛇の列となっていました。那覇空港も利用者が多くファシリティー面が追い付いていないようですね。13時50分発の静岡行で帰ります。

f:id:flyandstay:20180415163359p:plain
f:id:flyandstay:20180415163349p:plain

地上のお天気は良くありませんでしたが、雲の上はスカッと晴れていました。当たり前ですね

f:id:flyandstay:20180415163551p:plain
f:id:flyandstay:20180415163557p:plain


修行第二弾総括です。

SFC修行 累計 13,813PP 今回は以下の通り

往路:静岡ー沖縄 9,500円 1,294PP PP単価 7.3

復路:沖縄―静岡 9,700円 1,294PP PP単価 7.5

ヒルトン修行 2泊目

ブルツリーバイヒルトン那覇首里城 

まだまだ先は長いですが、頑張ります。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

SFC修行2018 第二弾 静岡-沖縄① ついでにヒルトンダイヤモンド修行 ダブルツリーバイヒルトン那覇

お立ち寄り頂きまして有難うございます。今年SFC修行とヒルトンダイヤモンドW修行に励んでおります。今回は、修行の第二弾です。修行では結構マイナーだと思っている富士山静岡空港を利用しましたので、皆さまの参考になればと思いレポートします。

目次

富士山静岡空港

国際通り

③夕食(ステーキ)まきし食堂さん

  

 ①富士山静岡空港

東京から車で向かいました。東名で第二東名には乗らず、1時間30分くらい走り、休憩です。こちら富士川SAの下りです。富士山が間近ですごく綺麗に見えました。

f:id:flyandstay:20180313213607p:plain

スタバの脇から普通に見るとこんな感じです。実は、人がいる右側らへんに石があります。

f:id:flyandstay:20180313214131p:plain

こんな感じの石です。こちらの左下に丸いANA(間違えました穴です)が空いています。

f:id:flyandstay:20180313214144p:plain

この穴から富士山を見るのがツウの見方です。こんな感じで見えます。機会があったら、皆さまも是非試してみてください。

f:id:flyandstay:20180313214156p:plain

富士川SAから40分くらい走り、吉田ICというところで高速を降り、一般道で15分かからないくらいで富士山静岡空港に到着します。こちらの素晴らしいところは利用者は駐車場が無料で使えます。お財布にやさしい空港です。

f:id:flyandstay:20180313214208p:plain

お正月明けだったので、門松が飾ってありました。まだ新しい空港で8周年なんですね。そういえば、最近のニュースで、運営権を三菱地所東急電鉄グループが優先交渉権を得たような話がでてましたね。これから民間によりどのように運営されるかも楽しみな空港ですね。

f:id:flyandstay:20180313214221p:plain

空港にあった、静岡県の地図です。東海地方出身でないとなかなか静岡県の形ってわからないですよんね。こんな形だったんですね。空港はお茶畑の牧之原や御前崎に近い場所にありますね。

f:id:flyandstay:20180313214235p:plain

ANAのカウンターです。並んでいませんでした。

f:id:flyandstay:20180313214246p:plain

隣には、この空港の本家のフジドリームエアラインズのカウンターがありました。静岡に拠点のある「鈴与」さんという会社の航空会社ですね。

f:id:flyandstay:20180313214257p:plain

13時10分発の沖縄行で、富士山静岡空港から出発予定です。他の航空会社も含めると福岡や札幌便もあるんですね。

f:id:flyandstay:20180313214312p:plain

カウンターのある1Fから階段で、2Fに上がります。階段もお茶と富士山ですね。

f:id:flyandstay:20180313214322p:plain

3Fに上がると展望フロアがあります。外に出て、写真を撮りました。富士山をバックにANAとAirSoulです。3Fにはお食事処として魚がし鮨があります。少し高いですが、しらすが入った丼ものや、ラーメンからカレーまで揃っていて、使い勝手が良いです。

f:id:flyandstay:20180313214334p:plain

2Fに降りて、お土産物屋さんで、ご当地ならでわのものを探します。

静岡県はお茶や富士山だけでなく、ウナギも有名ですよね。全国的には浜名湖のウナギ(パイ)が有名かもしれませんが、空港の最寄りICの吉田もウナギの養殖が盛んな地域です。どれも一度は試しに飲んでみたいですね。お茶のコーラ、ウナギのコーラ、など。

f:id:flyandstay:20180313214346p:plain

島田市では、黒大奴という黒光りした餡でコーティングされたお饅頭と言っていいのでしょうか、が有名ですね。これは甘党の私にとっては、美味しいです。

f:id:flyandstay:20180313214357p:plain

外せないのが、安倍川餅ですよね。お土産の定番です。

f:id:flyandstay:20180313214409p:plain

出発です。地上係員がてを振って見送りです。うるさいし寒いだろうな。お疲れ様です。

f:id:flyandstay:20180313214422p:plain

屋外に空港から少し離れたところに、展望デッキが設置されていて、そこからも皆さんが手を振ってくれます。

f:id:flyandstay:20180313214432p:plain

離陸して直ぐ、大井川が確認できます。河口で、晴天続きの日でしたので、水量はほとんどありません。ものすごく広い川幅ですね。

f:id:flyandstay:20180313214447p:plain

しばらくすると御前崎が見えてきます。実は反対側の座席だったら、富士山が綺麗に見えていました。今回は残念。

f:id:flyandstay:20180313214511p:plain

沖縄に近づいてきました。サンゴが綺麗です。

f:id:flyandstay:20180313214523p:plain

モノレール(ゆいレール)に乗って、早速今宵のホテルである、ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城に向かいます。

f:id:flyandstay:20180313214553p:plain

SuicaPasmoは使えず、切符を購入して乗りました。2次元バーコードを改札にかざして通ります。

f:id:flyandstay:20180313214602p:plain

国際通り

宿に荷物を置いて、夕食をとるために、国際通りにやってきました。那覇観光王道でありメインストリートですね。ホテルの様子は次の記事にしますね。

f:id:flyandstay:20180313215632p:plain

アーケードが国際通りから横に何本か伸びています。そのうちの平和通りというところに入ってみました。しばらく行くと、サーターアンダーギーを販売しているお店がありました。沖縄の人っぽい人柄の良さそうな販売員がテキパキ接客していました。

f:id:flyandstay:20180313215643p:plain

お土産にプレーンと黒糖を袋で購入しました。空港で買うより安いと思います。

f:id:flyandstay:20180313215655p:plain

このお店、行列もできていたし、帰ってから食べたらとても美味しかったです。沖縄の人っぽい人柄の良さそうな販売員を見かけたら、ぜひそのお店で買ってみてください。

f:id:flyandstay:20180313215709p:plain

③夕食(ステーキ)まきし食堂さん

沖縄に来たらステーキだろうと思って、メジャーなところでも良かったのですが、なんだかこちらのお店に決めました。新年初めてのステーキです。

f:id:flyandstay:20180313215721p:plain

店内はこんな感じです。6時くらいに入りましたが、入ったころは2組くらいしかお客が居ませんでしたが、7時くらいになるとお待ちができるくらいになりましたので、独り身は早く退散しました。

f:id:flyandstay:20180313215734p:plain

古き良き時代の定食屋さんといった感じでしょうか。全然一人でも入れます。

f:id:flyandstay:20180313215756p:plain

石垣牛のサーロインステーキとかもありましたが、値が張りましたので、普通のステーキ(200g)1100円にしました。

f:id:flyandstay:20180313215809p:plain

普通の定食もあります。へちま定食とは初めて聞きました。試してみたいと思いましたが勇気がありませんでした。結構リーズナブルですよね。

f:id:flyandstay:20180313215820p:plain

定食だけでなく、単品も充実しています。普通に居酒屋としても使えるお店ですね。

どれも美味しそうです。私だったら、ごはんが欲しくなっちゃいます。

f:id:flyandstay:20180313215833p:plain

こちらがステーキです。ちょっと写真写りが良くなく、真っ黒に見えますね。レモンとバターが乗せられていて、ちょうどよいステーキに塗るとちょうど良いアクセントになります。ちなみに、ウェルダンにしてしまったので黒く見えるのだと思います。

お肉のお味も良く、サラダ、スープ、ライスが付いて1100円だったらお得だと思います。それに美味かったですし。

f:id:flyandstay:20180313215852p:plain

ステーキの後のデザートは、BLUE SEALでアイスクリームを食べました。脂っこい食だったこと、そして国際通りには何件もあることから、とうとう誘惑に負けて入ってしまいました。

f:id:flyandstay:20180313215905p:plain

シングル310円のアイスにしました。さっぱりしていてとても美味しかったです。

f:id:flyandstay:20180313215917p:plain

お腹がいっぱいになり、ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城に戻りました。

次回は、ホテルの紹介やちょっとした観光をしたのでその模様をお伝えします。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

SFC修行2018 第一弾 クアラルンプール編⑤ ついでにヒルトンダイヤモンド修行編

お立ち寄りいただきまして有難うございます。クアラルンプール編の最後です。
修行の第一弾はクアラルンプールにしました。エアチャイナの北京経由です。
第一弾の旅程
往路: 羽田⇒北京(トランジット)北京空港⇒クアラルンプール @エアチャイナ
復路: クアラルンプール⇒シンガポール(トランジット)⇒羽田 @マレーシア&ANAプレエコ
目次

①クアラルンプール空港

シンガポール空港
ANAプレミアムエコノミー

 

①クアラルンプール空港

ヒルトンクアラルンプールを何と、朝4時30分にチェックアウトしてKLセントラル駅に徒歩で向かいます。駅に入っても、5:00前でした。KLセントラル駅5:00発のKL Expressに乗るためです。

f:id:flyandstay:20180312221539p:plain

30分でクアラルンプール国際空港に到着しました。早朝から長蛇の列です。どこの航空会社のチェックインでしょうか。大きな荷物を持っている人が多かったです。

f:id:flyandstay:20180312221601p:plain

8:05発のマレーシア航空でシンガポール行きです。ANAのプレミアムエコノミーでの往路(実は、海外発券のクアラルンプール⇒羽田の往路)ですが、1月は直行便が無く、シンガポールまでマレーシア航空(エコノミークラス)で行き、シンガポールからはANA便(プレミアムエコノミー)になります。掲示板のRemarksのところに、USE KIOSKと書いてありますが、KIOSK端末(自動発券機みたいなの)を使って自分でチェックインしてね、と言うことです。自分で、近くにあった端末を操作して、発券しましたが、チェックインカウンターでの手続きでは無いので、手荷物を預けられません。困って、近くの係員に荷物を預けたいというと、Buggage何とかと書いてあるカウンターがあると指を指され、そこで、チケットとパスポートを見せ、羽田までの荷物を預かってもらいました。

f:id:flyandstay:20180312221651p:plain

マレーシア航空のチケットと、JGCOneWorldサファイア相当)を持っていたので、Golden Loungeが利用できました。さりげなく胡蝶蘭が飾ってあり、センスが良いですね。

f:id:flyandstay:20180313210619p:plain

時間がありませんでしたので、さ~っと写真をとり、簡単にドリンクを頂いてラウンジを後にしました。ヒルトンでテイクアウトした、クラブサンドイッチも食べました。

ラウンジに入ると正面がドリンクコーナー、食事コーナーです。この写真の左側と右手前が座席があります。

f:id:flyandstay:20180313210651p:plain

食事コーナー奥にあるパン、デニッシュ類です。温められるようにもなっていました。 

f:id:flyandstay:20180313210721p:plain

サーモン、チーズ、サラダ類です。

f:id:flyandstay:20180313210810p:plain

大好きなスイカもありました。ヨーグルト、牛乳もそろっています。

f:id:flyandstay:20180313210844p:plain

このほかにマレーシア系のホットミール類、カレーなどもありました。

 マレーシア航空も、シンガポール航空のような綺麗な衣装を着たCAさんでした。

f:id:flyandstay:20180313211014p:plain

シートは革張りでした。ヘッドの部分に日本の国内線にあるような、紙はついていませんでした。

f:id:flyandstay:20180313211055p:plain

結構大型のモニターが付いていました。B737-800でした。

f:id:flyandstay:20180313211138p:plain

ほんの1時間くらいです。シンガポールに近づいてきました。マラッカ海峡だと思います。シンガポールは国際貨物が多く到着するんですね。渋滞です。夜、こんな状態だと船長さんも大変ですよね。

f:id:flyandstay:20180313211205p:plain

シンガポール空港

シンガポールチャンギエアポートです。ターミナル2です。熱帯雨林らしい空港の作りになっており、小さな植物園が空港内にありました。池にはにしき鯉も泳いでいます。

f:id:flyandstay:20180313211239p:plain

2Fから見下ろしたところです。芸術的ですよね。綺麗です。

あまりお腹は空いていませんでしたが、チャンギエアポートでもラウンジに行きました。

f:id:flyandstay:20180313211325p:plain

シンガポール航空のクリスフライヤーゴールドラウンジに、ダメ元で入れるか確認しましたが、ダメでした。将来こちらのラウンジに入れることを願って、今回はこちらの対面にある、SATSラウンジにお邪魔しました。

f:id:flyandstay:20180313211428p:plain

 こちらは、プライオリティーパスの利用で入ることができます。

f:id:flyandstay:20180313211503p:plain

この写真の左側と手前側が座席になっています。右側のスタッフがいらっしゃるのがフードコーナーです。ホットミールがあります。

f:id:flyandstay:20180313211544p:plain

結構種類はありました。ビーフンや、玉子料理など、東南アジア系の料理でした。 

f:id:flyandstay:20180313211607p:plain

ソファー席も100席以上はあったと思います。 

f:id:flyandstay:20180313211807p:plain

ビジネスコーナーもありました。端末がセットされています。 

f:id:flyandstay:20180313211820p:plain

先ほどのフードコナーには、ラクサも作ってもらえるようになっています。有名なシェフが監修しているのか、写真付きで紹介されていました。 

f:id:flyandstay:20180313211900p:plain

スーパードライにタイガービール、ソフトドリンク類もあります。

f:id:flyandstay:20180313211926p:plain

 フルーツやサンドイッチ、大好きなスイカもあります。

f:id:flyandstay:20180313211951p:plain

 フレッシュジュースや牛乳もありました。

f:id:flyandstay:20180313212021p:plain

アルコール類です。ワインの種類も多かったですが、アルコールが得意でない私は銘柄をみても良くわかりません。いつもですが、、、

f:id:flyandstay:20180313212109p:plain

コーヒー紅茶です。マシンもありました。

f:id:flyandstay:20180313212133p:plain

パンデニッシュ類です。ホテルにあるような、温める機械もありました。

f:id:flyandstay:20180313212158p:plain

マッサージチェアーです。結構しっかりした造りで、十分くつろげそうです。

f:id:flyandstay:20180313212226p:plain

ANAプレミアムエコノミー

とうとう、ANAプレミアムエコノミーに搭乗です。エコノミーとの違いは、椅子の厚さ、とモニターの大きさでしょうか。広さは大して感じませんでしたが、座席間隔は広いようです。座席の厚みがあった分、ゆっくり過ごせました。

f:id:flyandstay:20180313212329p:plain

映画を何本か見ていてもあまり疲れなかったのを考えると、モニターが大きいから字幕が大きくなり、少しリラックスして観られたからかなと感じました。

 f:id:flyandstay:20180313212400p:plain

食事の写真を撮るのを忘れました。ただ、食事の後に美味しいケーキを頂けました。前の座席のカップルさんの女性は大変喜んでおりました。

f:id:flyandstay:20180313212434p:plain

CAさんも多分エコノミーよりこまめな気遣いをして頂きました。フライトを終え、羽田空港到着です。新年早々2日もお休みを頂き、大変充実したお正月を過ごしました。

f:id:flyandstay:20180313212534p:plain

特に大きなトラブルもなく、無事に、第一弾の修行が終了しました。

ざっと結果を計算してみます。

SFC修行分

羽田⇒ 北京⇒ クアラルンプール(エアチャイナビジネス)

羽田⇒ 北京 2,041PP、北京 ⇒ クアラルンプール 3,816PP   合計 5,857PP

片道換算航空運賃 40,530円  PP単価:6.9 

(クアラルンプール ⇒) シンガポール ⇒ 羽田PP 5,368PP

クアラルンプールからシンガポールはマレーシア航空のため、PP無し。

片道換算航空運賃 42,600円  PP単価:7.9   平均PP単価:7.41となりました。

片道換算航空運賃としているのは、2往復分の半分づつを使い今回の1往復となったため、このような言い方にしています。

●ヒルトンダイヤモンド修行分(これも第一弾)

90日間で8泊すれば、2020年3月31日までダイヤモンド会員が継続される修行です。

よって特に単価とかは測定していません。

ヒルトンクアラルンプール 1泊 (残り約75日で7泊となりました)

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

SFC修行2018 第一弾 クアラルンプール編④ ついでにヒルトンダイヤモンド修行編@ヒルトンクアラルンプール宿泊

お立ち寄りいただきまして有難うございます。

修行の第一弾はクアラルンプールにしました。エアチャイナの北京経由です。

第一弾の旅程

往路: 羽田⇒北京(トランジット)北京空港⇒クアラルンプール @エアチャイナ

復路: クアラルンプール⇒シンガポール(トランジット)⇒羽田 @マレーシア&ANA

目次

クアラルンプール国際空港からヒルトンクアラルンプール

②ヒルトンクアラルンプール

 

クアラルンプール国際空港からヒルトンクアラルンプール

空港では、KILA Expressの案内に沿って進めば、駅に到着します。まずは、改札前のブースでチケットを購入。片道55MRですが、MasterCardで購入すると往復100MRで10MRお得です。(参考:現時点1MR=27~8円です。)

プチ情報として、往復の場合のチケットの有効期限(復路)はいつまで?と確認したところ、1か月だそうです。

f:id:flyandstay:20180312215823p:plain

KILAの空港駅です Platform A でKLSentral行に乗車します。すでに24時でしたので、あまり人は居ませんでした。

f:id:flyandstay:20180312215727p:plain

電車内です。画面に動画が映し出されており、音声もついていました。CMも流れており、沖縄のCMも流れていました。

f:id:flyandstay:20180312215856p:plain

KILAエクスプレスで、30分、KLセントラル駅に到着です。KLセントラル駅は人影もまばらで、閑散としていました。7月以来約半年ぶりです。

ヒルトンクアラルンプールは、KLセントラル駅に直結しています。案内板に沿って進むと、すぐフロントが見えてきます。

f:id:flyandstay:20180312215922p:plain

途中の通路に警備員が居て、ホテルに宿泊すると言ったら通してもらえました。やはり深夜は物騒ですね。右側にはMERIDIENの入り口がありました。

f:id:flyandstay:20180312220017p:plain

お花が飾ってあるところを左に進むとフロントになります。下の写真は、フロントより先ほどのお花方面を写しました。広いですよね。

f:id:flyandstay:20180312220136p:plain

もじゃもじゃの木のオブジェの前がフロントです。ものすごーく、エリートっぽい紳士2名がチェックインしていました。姿勢が良かったです。夜遅くの移動かな、お仕事お疲れ様です!こちらは修行です。

f:id:flyandstay:20180312220107p:plain

木のオブジェです。ワカメと言ったほうが良いかもしれません。ワカメの奥が朝食会場です。

f:id:flyandstay:20180312220207p:plain

チェックイン時点では、年末にガタガタしていたヒルトンダイヤへのステータスマッチが承認されていませんでした。ガタガタについては、以下の記事をご参照ください。

flyandstay.hatenablog.jp

 ヒルトンVISAゴールドカードのおかげで、ヒルトンゴールド会員になっている状態でのチェックインでした。予約の時点では、キングデラックスでした。アップグレードされたかどうかは定かではありません。チェックインの際、ラウンジの説明等はありませんでした。33階にエグゼクティブラウンジがあるようです。

一応高層階の28階の部屋にアサインされました。

f:id:flyandstay:20180312220256p:plain

エレベータを降りると、大きな石が二つ置いてあります。重たく、動きません、、、

f:id:flyandstay:20180312220325p:plain

石の裏の窓から一枚撮りました。結構、森がうっそうとしていますね。

f:id:flyandstay:20180312220358p:plain

通路を進み、2815号室に向かいます。

f:id:flyandstay:20180312220430p:plain

いきなりトイレの紹介でスミマセン。ウォシュレットが付いています。嬉しいですね。

f:id:flyandstay:20180312220537p:plain

バスタブです。ゆっくり湯舟に漬かれるくらいの大きさです。

f:id:flyandstay:20180312220606p:plain

シャワーは別についています。バスタブとの仕切りはありません。

f:id:flyandstay:20180312220644p:plain

洗面台です。十分な広さです。化粧鏡もついています。

f:id:flyandstay:20180312220708p:plain

アメニティ類。

f:id:flyandstay:20180312220737p:plain

H2Oというボトルウォーター4本。エビアンは有料です。

f:id:flyandstay:20180312220806p:plain

入り口から見た部屋です。左側の鏡の裏はクロークでした。

f:id:flyandstay:20180312220838p:plain

入ってベットです。

f:id:flyandstay:20180312220904p:plain

ソファーです。テーブルの上にある緑色の箱がウェルカムギフトでした。チョコレート。

f:id:flyandstay:20180312220923p:plain

ビジネスデスクとテレビです。NHKも映りました。

f:id:flyandstay:20180312221009p:plain

ベットから見た洗面台とバスです。

f:id:flyandstay:20180312221032p:plain

ベットに枕が4つ。皆さん、一人で枕4つをどう使いますか?私はいつも2つを二段重ねで高枕にして寝ます。

f:id:flyandstay:20180312221055p:plain

洗面台とお風呂の扉を閉めた状態です。

f:id:flyandstay:20180312221149p:plain

全開にした状態です。

f:id:flyandstay:20180312221216p:plain

2815号室の窓は半円形です。

f:id:flyandstay:20180312221253p:plain

結局午前1時くらいに部屋に入り、Wi-Fiでヒルトンアプリに接続してみたら、なんちゃってダイヤモンド会員になっていました。急いでフロントに降りて、ダイヤモンド会員だけどもっと部屋が良くならないか相談しましたが、結局変わりませんでした。

お風呂に入って寝たのが、2時くらいにでした。早朝に空港に行かなければいけなかったため、4時30分くらいに部屋を出ました。実質2、3時間寝ただけでしたが、良く眠れました。ありがとう。

ちなみに朝ごはんが食べれないことが最初からわかっていたので、事前にヒルトンに「朝食をテイクアウトさせてほしい」とヒルトンのサイトのチャットでお願いしてみたら、56MRかかると言われていたので、朝食は諦めていました。

しかし、チェックインの際、朝食を無料で作ってあげると言われ、チェックアウトまでに作っておくから、フロントで声をかけてと言われました。

すごく大きなクラブサンドイッチを頂けました。早朝に空港について直ぐ食べました。美味しくて、写真を撮るのを忘れました。スミマセン。

次回は、復路になります。

もしよろしければ、下のボタンをポチットしていただけると、うれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓